2017.11.21

いってきます

明後日から5連休にしました。
旅をしてきます。
明日の深夜バスで横浜を発ち、まずは京都へ。
そして、奈良。
最後は、大阪で我がj北海道コンサドーレ札幌vsG大阪戦を観戦します。

深夜バスを含めて、3泊4日+深夜バス泊。
ちょっとハードかなあ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

靴について語る・その15 「アディダス」

急にスニーカーに興味を持って、ナイキとニューバランスとリーボックのスニーカーを揃えました。
ここまできたら、アディダスのスニーカーも欲しいところ。
ということで、アディダスのスニーカーをゲットしました。

ホントは、質実剛健でクラシックなスニーカーが欲しかったのですが、そういったスニーカーで気に入ったものはありませんでした。
なので、Adidas TUBULAR SHADOW というなんとなくファッショナブルなスニーカーにしてみました。


171121adidas01r


171121adidas02r


171121adidas03r_2


ホントはきちんと足に合わせたかったのですが、店頭になかったので通販を利用しました。
きつくて履けないと困るので、やや大きめのサイズを購入しました。
案の定、やや大きめでした。

が、そこはインソール(中敷)で調整。
実は、サイズ調整用や衝撃防止のために、普段から何種類かインソールを持っているのです。
何種類かのインソールの中で、ぴったりだったのが、ニューバランスのスニーカーに純正でついていたインソール。
アディダスのスニーカーにニューバランスのインソールという、訳のわからない組み合わせになってしまいました。


171121adidas04r


このスニーカーの特徴は、アウトソール。
車のタイヤをイメージしたものらしいです。
思いのほかクッションが効き、衝撃を吸収してくれます。


171121adidas05r


残念なのは、シューレース(靴紐)。
夜は光に反射してキラキラ光るのですが、なんか安っぽいです。
そのうち、普通の黒いシューレースに替えようと思います。


171121adidas06r


アディダスというと、3本線。
が、このスニーカーには、ぱっと見ても3本線がありません。
そんなわけはないだろうと3本線を探してみたら・・・・。

ありました。
シュータン(ベロ)の裏側。
普段は、絶対に見えないところ。
しかも、黒地に黒の3本線。
なんというこだわりでしょう。
さすが、アディダス。


171121adidas07r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.20

祈願成就

北海道コンサドーレ札幌のJ1残留を願い、片目を入れたダルマ。
願いが叶ったので、両目を入れました。


171120r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.19

11.19 プロレスリング・ノア 後楽園ホール大会

昨日、北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルス戦を観戦してきました。
スタジアムに到着したのは、12時30分。
試合が終了したのは、17時。
寒い中、しかも雨の中、がんばって観戦しました。

そのせいか、本日の朝、目が覚めたらひどい頭痛。
動きたくなかったのですが、がんばって後楽園ホールまで行き、プロレスを観戦しました。
頭痛と眠気が重なって、なかなか集中して観戦できませんでした。
それでも、熱い戦いに魅了されました。

ブログを書いている現在も、引き続き体調はよくないです。
明日、休みたいな・・・・。
けど、休めないんだよな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残留!

我が北海道コンサドーレ札幌、来年もJ1で戦えることになりましたぁ!
昨日の清水戦に見事勝利し、J1残留決定です。
今年の目標を、見事に達成しました。

いやあ、盛り上がりました。

私も、90分間叫び続け、声が枯れました。
また、90分間立ち続け、飛び跳ねているうちに、両足のふくらはぎと足の裏がつりました。
J1残留が決まった瞬間、涙が出そうになりました。

選手の皆さん、よくがんばった!
監督、見事な采配でした!
チームスタッフの皆さん、チームを支えてくれてありがとう!
社長のノノさん、今のコンサがあるのはあなたのおかげです!

そして、一緒に応援したサポータの皆さん!
特に、先頭になって突っ走ってくれたコールリーダー!
みなさんと一緒に戦えて、最高でした!

なんか1年が終わったような書き方になってしまいましたが、残りまだ2戦あります。
この勢いで、勝って終わりましょう!


171119r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.18

必勝ダルマ

先日、姪が旅行した時にお土産を買ってきてくれました。
ダルマの缶に入ったお茶です。

ダルマには、願い事を書いて貼るシールと、2枚の黒い目玉のシールが入っていました。
何をお願いしようかなーと悩んでいたのですが、本日願い事を書いて片目を入れました。

願い事は、「2017 J1残留」。
もちろん、我が北海道コンサドーレ札幌のJ1残留を願ってのものです。

そして、本日は清水戦。
勝てば、J1残留が決まります。

きっと願いは叶うでしょう。
がんばれ、コンサ!


17111801r


17111802r


17111803r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.17

靴について語る・その14 「ニューバランスのお点前」

ニューバランスのショップ NEW BALANCE HARAJUKU へ出向いて、ML1978 というシューズを買いました。
そのときに、ニューバランスにはいろいろなお点前があることがわかりました。


171117__01r


お点前・その1。

NEW BALANCE HARAJUKU ではいろいろなシューズを展示していますが、展示してある全てのシューズはインソールが抜かれています。なので、そのまま試着しても、サイズが全く合いません。
試着するときは、ショップの人を呼んで、インソールを入れてもらわなければなりません。
店員に声をかけてしまうと、なんとなく買わなきゃいけないような雰囲気になりますよねえ。
うまい作戦です。

お点前・その2。

試着しようとして自分のサイズのシューズを持ってきてもらうのですが、そのとき店員さんは2種類のインソールを持ってきます。
付属のインソールと、有料の高級インソール。
そんで、最初に高級インソールで試着させて、「ほらほらこっちのほうがいいでしょ」みたいな雰囲気を作り出します。
もちろん、押し売りするような態度ではなく、ごくさりげない態度で高級インソールを勧めてくるのですが。
実にうまい作戦です。
私も、つい1,500円かけて高級インソールを買ってしまいました‥‥。


171117__02r


171117__03r


お点前・その3。

シューズを試着するとき、店員さんは試着を手伝ってくれます。
まず、お客さん(私)が椅子に座ります。
店員さん(可愛らしいお姉さん)が向かい合って、跪きます。
そして、店員さんの膝の上にシューズのつま先を乗せ、その状態でシューズを履いて紐を締め上げます。
なぜこんなことをするかというと、かかとをシューズのヒールに密着させるためです。かかとをシューズのヒールに密着させて履くのが、正しいシューズの履き方なのです。

跪いた可愛らしいお姉さんの膝につま先を乗せて、靴を履く。
ちょっと照れくさい感じもしましたが、王様のような体験でした。
私の担当の店員さんが、たくましいお兄さんじゃなくてよかったです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.16

投げ売り

経営不振で苦しい東芝が、ついにテレビ事業を中国企業に売却しました。
その額、約129億円。
信じられません。
なんでこんなに安く売ってしまったのか。

ちなみに、昨年東芝がキヤノンに医療事業を売却しましたが、その額、約6,655億円。
いかに叩き売りだったかがわかります。

ちなみに、本日報道がありましたが、レオナルド・ダ・ビンチの絵画が約508億円で落札されております。
なんだかなあ。

東芝は商売や経営が下手なのかもしれませんが、まちがいなく技術力のある会社です。
東芝のテレビも、パナソニックと並んで世界一の画質だと思います。

その東芝のテレビ、テレビ事業の売却と連動して、いきなり値引き販売が始まっています。
今が、世界一の画質のテレビを格安で買える、最後のチャンスです。
みなさん、いかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.15

靴について語る・その13 「2足目のニューバランス」

スニーカーを買うために、原宿に行きました。
ナイキやプーマやアディダスのショップにも行ったのですが、結局買ったのは、ニューバランスのML1978でした。

ML1978は、以前他のショップで試着したことがあるのですが、絶妙なソールのしなりと柔らかさ、吸い付くようなアッパー、驚異的な軽さで、非常に好印象でした。

が、アウトソールが真っ白なのがネックでした。
私は汚れに神経質なので、真っ白なアウトソールは汚れが目立って嫌なのです。
汚れが気になって、日常的に履くのに気を使ってしまうのです。

が、NEW BALANCE HARAJUKU へ行って見たら、見たことのない色の ML1978 がありました。
アッパーも黒。
アウトソールも黒。
要するに、真っ黒。
こんな仕様の ML1978 ってあったっけ?と思いながらその靴を眺めていました。

そしたら、近くにいた可愛らしい女性店員の方が、悪魔の一言。
「その色は原宿店限定で、他では売っていません。」

限定品というプレミア感に、やられました。
思わず買ってしまいました。

ちなみに、アウトソールは、あの有名な Vibram 製。
履き心地が悪いわけはありません。
ちょっと予算オーバーでしたが、良い買い物をしました。


171115__01r_2


171115__02r_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.14

想定外

12月の中旬に、愛車 Renault21号で、高野山→松阪→伊勢神宮と巡る旅を計画しておりました。

12月の中旬の高野山は、雪が降っている可能性が高いです。
なので、高野山の近くの橋本か林間田園都市で車を乗り捨て、そこから電車とケーブルカーを乗り継いで、高野山に登る予定でした。

だがしかーし!
南海電鉄の高野山線が、先日の台風の影響で、不通。
復旧の見込み、なーし!

これは、困りました。
雪が降るとは限りませんが、雪が降らない前提で予定を組んで、当日雪が降ったら、旅行が破綻してしまいます。

やっぱ、計画を変更するしかないかなあ。
松阪で1泊及び伊勢神宮お参りは外せないとして、あとはどうしようかなあ。
馬籠妻籠にでも行ってみようかなあ。

いずれにせよ、明日にでも予定をフィックスして宿を押さえないと。
想定外だ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.12

何度見ても

本日、シンゴジラのテレビ放映がありました。
私は映画館で2回観ているので、今回で3回目になります。

何回観ても、素晴らしい。
怪獣映画やSF映画としてだけでなく、日本映画史上に残る名作だと思います。

けど、日本人以外にはわかりづらい映画だと思います。
日本人、特に政治や企業や個人の地道な努力が分かっている人には、大きな共感が得られる映画だと思います。

感動したー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.11

Pathétique

私はいろいろな音楽を聴きますが、そのなかでもプログレッシブロック、いわゆるプログレには思い入れがあります。
特に、1970年代前後のプログレに。

プログレバンドは、キーボードプレイヤーが音楽性の主導権を握る場合が多いように思います。
YES だと、Rick Wakeman。
EL&Pだと、Keith Emerson。
日本では、ARS NOVA の熊谷桂子さん。
そして、日本ではあまりメジャーじゃないと思いますが、TRACE や EKSEPTION に在籍した Rick Van Der Linden というキーボードプレイヤーがいます。

さて、数日前にYouTubeでプログレの音楽を検索して聴いていたら、Rick Van Der Linden のピアノソロが引っかかりました。
弾いていたのは、ベートーベンのピアノソナタ第8番「悲愴」第三楽章。
プログレ的なアレンジはなく、淡々とピアノを弾いていたのですが、非常に心に残りました。

最近、マジメに音楽を聴くことは少なくなりました。
気に入った音楽をウォークマンに入れて、通勤の時に聴くくらいです。
Rick Van Der Linden のピアノソナタ第8番「悲愴」第三楽章を聴いてから、急にマジメに音楽を聴きたくなってきました。

まずは、「悲愴」をもうちょっと深掘りしてみようと思います。
グレン・グールドが演奏した「悲愴」があるので、まずはそれから攻めてみようかな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.09

古い車

先日、2冊の雑誌を購入しました。
「70年代レーシングカーのすべて vol.1」
「男の隠れ家 CLASSIC CAR Special」
の2冊です。
まさしく、私のためにあるような雑誌です。

私は車が好きなことは好きなのですが、正直最近の車には全く興味がありません。
どうしても、昔の車に目がいきます。
昔っていつかというと、1970年代前後。
車も音楽も文化も、何もかも1970年代の思い出が一番強いです。

私が車にのめり込んだのは、やはりスーパーカーブームがあったからです。
Dino246GT、ランチア・ストラトス、ランボルギーニ・ミウラ、トヨタ・2000GT等、私の好きな車はみんな1970年代前後にブームになりました。

ちなみに、愛車 Renault21号は、1991年購入、来年で27年目の車検です。
1970年代のスーパーカーに比べれば、まだまだワカゾーです。


171109_r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.08

49回目

本日、献血をしてきました。
今回で、49回目の献血となります。

本来なら、もっとハイペースで献血できたはずです。
10数年前、成人スティル病にかかったこともあり、数年間献血できない状況になっていました。
それがなければ、60回くらい献血できているかな。

献血は、私にとっては習慣のようなものです。
習慣でやっていることが少しでも人助けになるなら、それはうれしいことです。

献血するにあたり、ひとつだけ問題があります。
献血後、よく立ちくらみをします。
本日も、買い物をしようとして品物を選ぶのにしゃがんでいたのですが、急に立ち上がったときに、ぶっ倒れそうになりました・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.06

靴について語る・その12 「落選したスニーカー」

候補には上がったけど、結局買わなかったスニーカーは、以下のような感じです。。

アディダスのスタンスミス。
スニーカーと言えば、スタンスミス。
定番中の定番。
けど、あまりにも多くの人が履いています。
ひねくれ者の私はみんなと同じものが嫌なので、試着もせず落選。

ナイキのエアフォース1。
がっしりした丈夫な作り。
奇抜ではないトラディショナルなデザイン。
有力候補でしたが、履いてみてびっくり。
ソールの剛性が高すぎです。
足に合わせてしなってくれません。
下駄を履いた時のように、かかとがガバガバに浮いてしまいます。
即座に、落選。

ナイキのエアジョーダン1。
最近のド派手なエアジョーダンではなく、オリジナルに近いエアジョーダン1。
なんとなく憧れがありました。
黒のエアジョーダン1なんか、最高です。
だがしかし。
ハイカットかミドルカットしかありません。
私はくるぶしを拘束されるのがきらいなので、ローカットが欲しいのです。
試しにミドルカットのエアジョーダン1を試着してみたのですが、足入れがしづらいし、くるぶしは拘束されるし、歩いた時のかかとへの衝撃も感じるし。
憧れだけで我慢して履けるレベルでは、ありませんでした。
エアジョーダン1も落選。

そもそも、スタンスミスは、テニスシューズ系。
エアフォースやエアジョーダンは、バスケットシューズ系。
ランニングスニーカー系に対して履き心地で劣るのは、当然とも言えます。

結局伝統的なスニーカーで気に入ったものは、みつかりませんでした。
最新のハイテクなランニングシューズ系スニーカーも選択肢に入れた方が良いかな・・・・と考えるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«靴について語る・その11 「一長一短」