2018.02.20

2017 高野山と伊勢神宮の旅 06 「早朝の壇上伽藍」

早朝、明るくなる前に、高野山の壇上伽藍に到着しました。

ちょっと驚きました。
完全にシーズンオフなのに。
平日なのに。
夜明け前だというのに。
壇上伽藍はライトアップされていました。

真っ暗な中に浮かび上がる壇上伽藍。
壇上伽藍にいるのは、私だけ。
修行とも言える厳しい寒さ。
神秘的な静寂。

とても貴重な体験でした。

ちなみに、主な寺院に入れるのは、9時から。
まだ数時間時間がありました。
ほぼ完徹で運転してきたので、壇上伽藍の駐車場で仮眠をとることにしました。
マイナス5℃に近い中での仮眠。
ある意味、命がけの仮眠でした・・・・。


18022001r


18022002r


18022003r


18022004r


18022005r


180220r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.19

2017 高野山と伊勢神宮の旅 05 「早朝の大門」

高野山の事実上の入り口である大門に着いたのは、早朝の5時過ぎ。
まだ真っ暗でした。

当初は、この時間に大門を観光する予定はありませんでした。
が、早朝にもかかわらず予想外にもライトアップされていたので、写真を撮ることにしました。

暖房きかせまくりのぬくぬくとした車から、ジャケットも着ずに外に出た時は、あまりの寒さにびっくりしました。
カメラのシャッターを押すのも辛いほど、寒かったです。

私は北海道出身なので、寒さには弱いのです・・・・。


18021901r


18021902r


18021903r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.18

恒例行事

本日は、我が家で毎年恒例の行事がありました。
旅行仲間が集まっての会食および豆まきです。

知り合ったのは、1993年の海外旅行。
今年は、私を含めて8人が集まりました。
25年経っても、いまだに年に数回は集まります。
結束の強いグループです。

昔の豆まきは、たいへんでした。
よっぱらいが全力投球で豆を投げあうので、被害続出でした。

今年は、平和でした。
みんな大人になったというかトシをとったというか。

いつまで続くのかなあ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.17

2017 高野山と伊勢神宮の旅 04 「深夜の山登り」

タイヤのスローパンクチャーや謎の異音の不安はありましたが、なんとか5時前には高野山の麓に着きました。
ここから、国道480号で高野山に登ることになります。

が、12月中旬の5時前ということは、真っ暗。
当初の予定では、コンビニか道の駅の駐車場で仮眠をとり、明るくなってから登る予定でした。
が、気分がハイになっていて、一気に登ってしまおうと決意しました。

結果的には無事登りきれたのですが、ちょっとだけ後悔しました。
街灯が全くないのです。
ホントに真っ暗なのです。

しかも、道は細く、急カーブが続きます。
みちがうねうねしているため、ヘッドライトが見たい方向を照らしてくれません。
カーブの先の道が凍結しているかもしれないのに、全然確認できません。

超徐行で、登りました。
高野山の大門が見えたときは、心底jホッとしました・・・・。


180217r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.16

2017 高野山と伊勢神宮の旅 03 「謎の異音」

高野山に向かって、夜中に新東名を走っていた時のこと。

愛車 Renault21号の後方から、変な音が聞こえてきたんですよ。
はっきりと聞こえる大きな音なのですが、どうも原因がわかりません。

後方から音が聞こえるので、エンジンとか駆動系ではないことはわかります。
音色は、カラカラというかカタカタというか、明らかにプラスチック的なものが外れかけているような音です。
緊急事態では、なさそう。

そうはいっても、気持ち悪くてしょうがありません。
サービスエリアで車を止め、いろいろと確認してみたら・・・・。

信じられないものが、外れかけていました。

車のウインドウには、ゴムのパッキン的なものが全周に貼られていますよね?
当然、リアウインドウにも貼られています。


180216renault2101r


そのゴムが1カ所ちぎれて、外れかけていたんですよ。


180216renault2102r


それが風になびいて、カタカタ音がしていたんですよ。


180216renault2103r


そのままにしておいても良かったんですが、走っている最中に外れて吹っ飛んだら、後ろの車に迷惑がかかります。
なので、、ゴムをちぎり取ってしまいました。

愛車 Renault21号、今年で27歳。
人間でいうと、80歳くらいでしょうか。
いろんなところに、ガタがきています。

それにしても、写真に撮ると、愛車 Renault21号の塗装の傷みが目立ちます。
一時期塗装し直すことも考えましたが、最近は気にしないようにしています。
車も人間も、見かけじゃないですからね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.02.14

バレンタインデー

本日2月14日、バレンタインデー。
今日がバレンタインデーと気づかないくらい、私は最近バレンタインデーに縁がありません。

が、会社から帰ってメールボックスの郵便物を見てみると。
ピンクのハガキにハートマークのついた手書きのバレンタインカードが!

おおっ!と思って差出人を見てみたら。
私が大好きな女子プログレッシブロックバンド、ARSNOVAからのバレンタインカード兼ライブのお知らせメールでした。

女子からもらったバレンタインカードに「ライブに来てね」と書かれたているわけですから、行かないわけにはいきません。

ライブは、6月3日@吉祥寺。
今から楽しみです。


180214r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.13

2017 高野山と伊勢神宮の旅 02 「最初の試練」

今回の旅行に出発する約2週間前のこと。

愛車Renault21号のチェックをしていたところ、異変に気付きました。
私は、頻繁に自分のエアゲージで空気圧をチェックしているのですが、左フロントタイヤの空気圧が、いつもの1/3くらいになっていたのです。

完全なパンクではなく、中途半端なスローパンクチャー。
原因がわかりません。

慌ててガソリンスタンドに行って、「タイヤのチェックをしてください。パンクだったら修理してください。」とお願いしました。

だがしかし。
そこそこベテランの女性従業員さんは、「うちではパンク修理はやっていません。係の者は休憩中で対応できません。」みたいなことを言ってきました。

ガソリンスタンドで、パンク修理ができない?
係の者は、休憩中で対応できない?

そんなわけねーだろとイラッとしていたら、その「係の者」が不愉快そうな顔をして登場。
タイヤをチェックしてくれました。
パンクではなく、虫(バルブ)が曲がっていたそうです。
手作業で直したそうです。

なんか信用できず、それ以上の対応も期待できなかったので、すぐにオートバックスに向かいました。
閉店間際だったのですが、快く無料で点検してくれました。
丁寧に点検してくれたのですが、やはり異常はないとのこと。
「異常を見つけられずにすいません。」と謝られてしまいました。
オートバックスさんには、なんら瑕疵はないのに。
こう言った対応は非常に快く、信頼の証でもあります。
またオートバックスに行こっと。

結局、明確な原因もわからずに、今回のドライブ旅行を始めました。
パーキングエリア毎に停車し、タイヤをチェックしながらドライブを続けたのですが、特に異常はありませんでした。

なんだったんだろ、あのスローパンクチャー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.12

2017 高野山と伊勢神宮の旅 01 「始めに」

報告が遅れましたが、2017年12月16〜19日に、高野山と伊勢神宮に行ってきました。

12月16日の夜に、愛車Renault21号で横浜を出発。
仮眠をとりながら夜通し走り、12月17日の朝に高野山に到着。
終日高野山を観光し、夜は高野山の宿坊で宿泊。
12月18日は高野山を下山し、談山神社を経由して松阪に行き、いつもの宿で宿泊。
12月19日は、伊勢神宮と門前町を観光し、その日のうちに横浜に帰るといった行程でした。

実は今回の旅行は、電車で行く予定でした。
なぜなら、この時期高野山では積雪が予想されるので、安全のために車は使いたくなかったのです。

だがしかし。
南海電鉄の高野線が台風の影響で長期運休。
代行バスがあるにはあるけど、時間が全く読めません。

そういう経緯があって、ある意味しかたなく車で行くことにしたのです。

いろいろな意味で、愛車Renault21号、大活躍でした。
明日から、その時の出来事を書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館でも大雪

2月9日から11日まで、函館に帰省していました。

びっくりしたのは、雪の多さ。
最近は温暖化でずいぶん雪が少なくなったなあと思っていたのですが、今年は強烈でした。

私の実家は、閑静な住宅街の一角にあります。
雪が積もったら、自分で雪かきするしかありません。
特に家の前の道は、雪は深いし轍は強烈だし、相当根性を入れて雪かきしないと危険でしょうがありません。

しかも、雪は多いのに気温は高めです。
積もった雪が昼間に解け、夜は解けた雪が固まって氷になります。
なので、解けてビシャビシャになった雪と、ガチガチに凍った雪が混在しています。
解けてビシャビシャになった雪は、重くてたいへんです。
ガチガチに凍った雪は、砕くのにたいへんです。

雪かき用のシャベルは、3種類。
凍った雪を砕く、金属のシャベル。
雪をすくって放り投げるスコップ。
ブルドーザーのように雪を押しのけるスコップ。

がんばりました。
疲れました・・・・。


18021201r


18021202_1r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤ちゃんが王様

2泊3日で、実家のある函館に帰省してきました。
目的は、ただひとつ。
1月に、姪に娘が生まれたので、会いに行ったのです。

生まれた赤ちゃんから見れば、私は大叔父。
私から見れば、姪孫または又姪。
呼び方さえ、ピンとこない関係です。
どれくらい愛着が湧くかなあと思っていたのですが・・・・。

かわいいんだ、これが。
もう、びっくりするほどかわいいわけです。

もともと、私の妹は、かわいいです。
その娘(私の姪)も、当然かわいいです。
さらにその娘、かわいくないわけがりません。

そう思うのは、親バカなのでしょうか。
あ、親じゃないから大叔父バカか。

泣いても笑っても寝ててもかわいいです。
1日中見てても飽きないです。

昨日は、ベビーカーを購入するため、ベビーザらスに行ってきました。
出産祝いとして、私がベビーカーをプレゼントすることになっているので。
事前に調べ、ベビーザらスで実際に押して見て、買うベビーカーを決定。

だがしかーし。
店頭にはサンプルが置いてあるのに、そのベビーザらスには在庫なし。
どうも、モデルチェンジ直前で、どの店でも在庫がない模様です。
なので、店頭でベビーカーを買うのは断念。
ネットで探してamazonnでポチりました。

ちなみに、ベビーザらスには、私と妹と姪と又姪の4人で行きました。
目的は、上記で書いた通り、ベビーカーの購入でした。
が、妹と姪は、赤ちゃんグッズを買いまくり。
ベビーカーを買いに行ったのに、ベビーカー以外で2万3千円くらい使ってました。

あまりかわいいと、お金がかかるなあ・・・・。


180212babyr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.08

公立小学校の制服

公立小学校の制服がアルマーニ。
8万円。
このニュースを聞いて、どう思いますか。

私の感覚では、ありえません。
そもそも、教育の無償化が求められている中で、制服に8万円かけてどうする。
しかも、公立で。

公立小学校側の言い分。
「強制ではないので、他の制服でも良いです。」
って、明らかに差別やいじめの温床になるでしょう。

アルマーニの制服を着ると、教育上どういったメリットがあるの?
あるわけないでしょう。

アルマーニの制服にして誰が喜ぶの?
小学生?
違いますよね。
明らかに、学校側がブランド価値を上げようと意図したものでしょう。
喜ぶのは、学校側と一部の親だけ。

なんとかこのバカな取り組みを阻止できないものでしょうか・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.07

vs インフルエンザ

私の会社では、インフルエンザが流行っています。
私の職場でも、罹患者がでました。

が、私はインフルエンザにかかるわけにはいきません。
なぜなら、可愛い姪に子供が生まれたため、今週末函館まで会いに行くからです。
生まれて1ヶ月の子供に会いに行くのに、インフルエンザを持って行くわけにはいきません。

1週間以上も前から、予防のために1日中マスクをしています。
自宅のリビングと寝室では、加湿器で湿度を上げ、ウイルスに不利な環境を作っています。

姪の子供に会って、横浜に帰ってきたら、いくらインフルエンザに罹っても文句は言いません。
神様でも仏様でもいいから、なんとか今週末まで私を守ってください・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.06

2017 京都と奈良と大阪の旅 33 「道頓堀」

北海道コンサドーレ札幌vsG大阪の試合を観戦後、帰りの新幹線の時間まで時間がありました。

私は大阪には何回か行ったことがあるのですが、仕事だったり、ただ泊まっただけだったりで、観光をしたことがありませんでした。
今回は、いちばん大阪っぽいところを歩いてみることにしました。

もちろん、道頓堀です。

いろんな意味で、予想を上回る大阪らしさでした。

何より目についたのは、電飾や看板のド派手さ。
商魂のたくましさ、人々の活気がひと目でわかります。
(センスはちょっとついていけませんが・・・・)
道ゆく人々の話し声の大きさや陽気さも、モロに感じました。

高校生まで北海道で育ち、大学時代は仙台で過ごし、社会人になってからはずーっと横浜で暮らしてきた私にとっては、カルチャーショックでした。

夕食は、ラーメン。
道頓堀にはラーメン屋さんが集中している一角があるのですが、その中の一軒に入りました。
結論。
ラーメンは、北海道の圧勝。
やっぱ、生まれ育ったところの味が一番ですね。

ということで、今回の旅行記は、これで終了です。
もたもた旅行記を書いているうちに、旅行が終わってから2ヶ月以上かかっちゃったな・・・・。


18020601r


18020602r


18020603r


18020604r


18020605r


18020606r


18020607r


18020608r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.05

2017 京都と奈良と大阪の旅 32 「勝利!」

今回の旅行のメインイベント、我が北海道コンサドーレ札幌vsG大阪。

勝ちましたあ!

前週に最大の目的であるJ1残留が決まっており、それまでの心臓が止まるような緊張感はありませんでした。
他のチームの勝敗にも、一喜一憂することもありませんでした。
良い意味で、リラックスできました。
単純に、目の前の試合に集中できました。
非常に爽やかな勝利でした。

で、負けたG大阪は、ホーム最終戦でした。
試合後に、セレモニーがありました。

セレモニーでは、今季の成績に不満を持つサポーターの罵声の嵐。
負けたところで、我がコンサより上位なのに。
本来なら、1年間ありがとう!的な終わり方をするはずなのに。

期待値が高いだけに、結果が伴わないと大ブーイング。
強いチームはたいへんだなあと思いました・・・・。


18020501r


18020502r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミャンマー計画

私の会社にはリフレッシュ休暇という制度があって、5年毎に長期休暇が付与されます。
お祝い金付きです。
今年は、リフレッシュ休暇をもらえる年にあたります。

ダラダラと引きこもっていてもしょうがないので、海外旅行をしようと計画しています。
一番行きたいのはイスラム圏なのですが、いろいろと不安なことがいっぱいなので、断念。

現時点での第一候補は、ミャンマーです。
仏教の遺跡、仏教の文化、仏教の生活、そして日本とは違う仏像。
仏教に浸るのもいいかな、と思っております。

第二候補は、チベットかなあ。

日程は、5月中旬以降くらいを考えており、ただいまツアーを探しているところです。
私は英語は苦手だし、小心者なので、ひとりで海外を旅するのはハードルが高いのです・・・・。

今週末あたり、日程や行くところやツアー会社のメドをつけようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«都会の中の自然・カワセミ編