« 2009京都旅行記36「化野念仏寺・その2」 | トップページ | Panasonic VIERA TH-P50V1 ファーストインプレッション »

2010.02.20

ついに来ました、プラズマテレビ!

先日、プラズマテレビを買ったことを報告しました。そして、ついに Panasonic の VIERA TH-P50V1 が、我が家のリビングに設置されました!

到着したのが、2月14日の昼頃。配線をした後、自分の好みに合わせるために画質の調整を始めました。

初期に設定されているいくつかのモード(ダイナミックモード、リビングモード、スタンダードモード、シネマモード)を試したのですが、どれもイマイチ。ユーザーモードでいろいろなパラメータをふって画質を追い込みました。それでもなかなかいいセッティングが見つからず、夜更かしがたたって眠くなってきたので、一度お昼寝。夜になってから再度画質の調整を始めたのですが。

なんと、夜になってからは驚くほどいい感じの画質になっていました。やはりプラズマは、周りが暗いほうが本領を発揮するようです。

その状態からどんどん画質を微調していったのですが、画質は意外な方向へ調整していくことになりました。

買う前に、大手電器店でいろいろなテレビと画質を比較しました。そのときに、我が VIERA TH-P50V1 は、すばらしい画質ではあるけれども、液晶テレビや最新のプラズマテレビ VIERA TH-P50G2 と比べたら画像が暗いように感じました。なので、画質調整をする時も、明るくする方向だと思っていました。

ところが。
自分のリビングでは、普通の設定では画面は明るすぎるのです。 どんどん画面が暗くなるほうにセッティングしたくなるのです。結局、最終的に調整した画質は、大手電器店で展示しているときに用いられているダイナミックモードよりは相当暗い方向になりました。が、これがベストだと思われます。

結果的に、ほんとに VIERA TH-P50V1 にして良かったです。液晶テレビや最新のプラズマテレビだったら、画面が明るすぎて見るに耐えない状況だったと思います。

メーカーの宣伝やネットでの評論や流行を追いかけず、自分の目を信じて本当に良かったです。

10022001

10022002


|

« 2009京都旅行記36「化野念仏寺・その2」 | トップページ | Panasonic VIERA TH-P50V1 ファーストインプレッション »

コメント

オーナーさん、コメントありがとうございます。

テレビも車も何でもそうですけど、大きくて高価なものは実際に使ってみてから買うわけにもいかず、困りますよねえ‥‥。

投稿: ばあど | 2010.05.23 20:16

メリット、デメリットの比較

購入希望者としては、液晶、プラズマの性能比較が欲しい

店舗で並べられているときは、気が付かない様に、展示してあるかも知れない。

どんな製品でも、個人の要求に100%ということは考えられない

下駄やラーメンのような、消費財は気に入らなければ、次回購入時に変えられるが、耐久消費財はそうも出来ない。

販売する側にはそれなりの事情は、あろうが顧客第一にして欲しい。

投稿: オーナー | 2010.05.23 19:36

mickeyさん、コメントありがとうございます。

デジカメでいうと、35万画素と100万画素はえらい違いだけど、1000万画素と1200万画素は違いがわかりませんよね。
テレビの画質も同じで、もはや良い悪いと言うよりも、好き嫌いの領域に入ってきてると思います。

やはり、V1で正解だと思いますよ。

投稿: ばあど | 2010.03.07 17:28

初めまして!去年の暮れにV1を買ったMickeyと申します。
買ったばっかりのV1が早くも旧機種になってしまい、ショックを受けて、V1とV2の比較情報を探していたら、ここに辿り着きました。

私も、電気店で見たのですが、V2、白の鮮やか以外は特にV1との違いを認識することは出来ませんでした。

特に、ばあどさんの言われる様に、ベセルのプラスチッキーなデザインは、なんか普通のテレビに戻ったようで、完全に退化してますよね!

私もV1で満足しています。

投稿: mickey | 2010.03.07 11:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついに来ました、プラズマテレビ!:

« 2009京都旅行記36「化野念仏寺・その2」 | トップページ | Panasonic VIERA TH-P50V1 ファーストインプレッション »