« 新人 | トップページ | 7.22 プロレスリング・ノア 両国国技館大会 »

2012.07.21

三重・奈良・京都 旅行記18「新東名・その2」

新東名を走って気づいたこと。
トンネルにいろいろな工夫がしてあります。

まず、車の後ろから車の前を照らすように、照明が配置されています。車の前方が、より明るく見えるような配慮なのでしょう。


12072101


そして、新東名のトンネルは、全て3車線走行に対応しています。
で、車が3車線を利用して走るトンネルは、照明が左右2ヶ所に配置されています。これは、まあ、普通の照明といっていいでしょう。
3車線ということもあって、トンネルは広々としていて明るく、走りやすいです。


12072102


ところが!
もったいないことに、3車線で設計されているのに、走行規制がされていて2車線しか使えないトンネルが結構あるのです。一番左の車線には、パイロンが置かれていて、走行できないようになっているのです。
しかも、そういった2車線走行のトンネルは、照明も1ヶ所しかなく、道路を斜めに照明しているのです。


12072103


もともと新東名のすべての区間、全てのトンネルは基本的に3車線化されるはずだったらしいのです。が、予算の関係で、2車線の部分ができたらしいんですね。

一方、全てのトンネルは、3車線の設計で完成しているのです。
なのに、1車線を潰して2車線化しているトンネルがあるのです。

なんでだろ。
3車線で作ったトンネルを2車線に規制しても、照明の数を減らせるくらいで、予算的には大きな違いはないはずなのに。
広々としたトンネルの3分の1をムダにしているなんて、もったいないですよねえ・・・・。


|

« 新人 | トップページ | 7.22 プロレスリング・ノア 両国国技館大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/55249418

この記事へのトラックバック一覧です: 三重・奈良・京都 旅行記18「新東名・その2」:

« 新人 | トップページ | 7.22 プロレスリング・ノア 両国国技館大会 »