« GW | トップページ | 絶好調なのですが‥‥ »

2013.04.26

大阪奈良仏像ツアー03「観心寺」

観心寺の如意輪観音は、毎年4月18日と4月19日にしか開帳されません。今回の仏像ツアーで、一番楽しみにしていたのは、観心寺の如意輪観音だったのです。

確かに、すばらしいです。
変な表現ですが、あのように色気を感じさせる仏像は、他にはないのではないでしょうか?
見ていて、うっとりしてしまいます。
仏像そのものには、とても感動しました。


13042601r


だがしかし!
拝観のシステムには、大いに不満でした。

私は比較的朝早く観心寺に着いたのですが、如意輪観音の安置されている金堂は、すでに人でいっぱいでした。200人は軽く超えていたんじゃないかな? で、その多くの拝観者が、如意輪観音を前にして、座っているのです。なぜ座っているのかというと、お坊さんの法話を聴いているのです。私は、その一番後ろでずーっと立ち見の状態でした。

このお坊さんの法話は、30分近く続きました。
その間、動くことはできません。如意輪観音のすぐ前に座っている10〜20人くらいは、大満足で如意輪観音を見つめることができたでしょう。
が、私を含めた大勢は、遠かったり角度が悪かったりで、ほとんど満足に如意輪観音を見ることができません。かなりの人が、30分間ストレスを感じていたと思います(もちろん私も)。

法話が終わった後は、ほぼ全員が立ち上がって如意輪観音の前に殺到し、如意輪観音の前は、大渋滞。私は運良く最前列に滑り込み、やっと如意輪観音をじっくり拝観することができました。

ちなみに、金堂の外は、予想通りの長蛇の列で、アイドルグループのコンサート会場のような状態になっていました。

お寺は宗教施設なわけですから、仏像を見せていただくことはありがたいし、普段聞く機会のない法話を聞かせていただけることもとてもありがたいです。私も法話は好きなほうで、普段なら喜んで法話を聞くところです。

だがしかし。
年に2回しか開帳しない超人気の如意輪観音。
この日観心寺を訪れた99%の人は、法話を聞くために来たのではないはずです。
せっかくの御開帳、そのときくらいは如意輪観音をゆっくり拝観できるやり方を考えていただきたいです‥‥。


13042602r

|

« GW | トップページ | 絶好調なのですが‥‥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/57253754

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪奈良仏像ツアー03「観心寺」:

« GW | トップページ | 絶好調なのですが‥‥ »