« プライド | トップページ | 大阪奈良仏像ツアー16「奈良国立博物館・その3」 »

2013.05.28

大阪奈良仏像ツアー15「奈良国立博物館・その2」

奈良国立博物館を訪れた時、偶然に「當麻寺 〜極楽浄土へのあこがれ〜」という特別展が開催されていました。

こういった特別展は、経験上、比較的ショボいものが多いです。素晴らしいものなら、常設展になっているだろうし。ほとんど期待もせずにその特別展を見学したのですが‥‥。

びっくりしました。
ものすごかったです。
どうものすごかったかというと、なら仏像館という建物以外のほぼ全ての常設展が、當麻寺の特別展に置き換わっていたのです。奈良国立博物館が、當麻寺宝物館に変身していたのです。

内容も、凄まじいものでした。
素晴らしい仏像がゴロゴロと展示されていました。私は當麻寺に関する予備知識はほぼ全くなかったので、初めて観る仏像ばかりで非常に新鮮でした。

四天王持国天。
でかいです。人間的で写実的です。神様というよりも、人間の戦士という感じです。大迫力。

名もない天部立像。
この天部立像、ネット等でいくら調べても詳しい説明がありません。こんなに素晴らしいのに、なんで無名なんでしょう?

法起菩薩。
目が四つ(厳密には、五つ)あります。もう完全に、エヴァンゲリオン弐号機です。こういう菩薩もあるんだなあ‥‥。

奈良国立博物館の特別展、予想外の感動でした。
ものすごい量、ものすごい質の展示でした。

當麻寺をはじめとした多くのお寺、奈良国立博物館をはじめとした多くの博物館は、普段展示しているモノ以外にも山のようにいろいろなモノを所有しているのでしょう。それらを全て常設展等で観られないのは、とても残念です。

けど、もし全てを展示されても、とても全てを観きれないでしょう。
というか、飽きちゃうんだろうなあ‥‥。


13052801r


|

« プライド | トップページ | 大阪奈良仏像ツアー16「奈良国立博物館・その3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/57479357

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪奈良仏像ツアー15「奈良国立博物館・その2」:

« プライド | トップページ | 大阪奈良仏像ツアー16「奈良国立博物館・その3」 »