« 冷感 | トップページ | 大阪奈良仏像ツアー24「唐招提寺・その2」 »

2013.06.18

大阪奈良仏像ツアー23「唐招提寺・その1」

今回の旅行の最終日、最初に訪れたのは、唐招提寺です。

ここでのメインは、やはり金堂の三尊像でしょう。
盧遮那仏。
薬師如来。
千手観音。
巨大で力強い仏様が並んでします。
大迫力です。

が、どうも違和感があるのです。

一般的な仏像の並び方は、真ん中に主役の如来様がいて、両脇侍としてふたりの菩薩様がいて‥‥と、きちんとした序列があります。ある意味、起承転結的なバランスがあります。

が、唐招提寺の金堂の三尊像は、全員が主役。
3駆とも、「オレが一番!」と競い合っているように見えるのです。
この違和感も、他のお寺では観られない特徴となっていて、興味深いです。

で、その中で一番ハデな千手観音。
この観音様、一度完全に解体されて修復されたようです。約1,000本の腕も、一度全部はずして修復し、再び取り付けられたそうです。

よくもまあ、1,000本の腕を元の位置に戻せたものです。
というか、1本か2本は、きっと間違った位置に取り付けられていると思うんですがね‥‥。


13061801r


13061802r


|

« 冷感 | トップページ | 大阪奈良仏像ツアー24「唐招提寺・その2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/57619779

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪奈良仏像ツアー23「唐招提寺・その1」:

« 冷感 | トップページ | 大阪奈良仏像ツアー24「唐招提寺・その2」 »