« 2013京都奈良仏像の旅09「當麻寺・その1」 | トップページ | 2013京都奈良仏像の旅11「當麻寺・その3」 »

2014.03.11

2013京都奈良仏像の旅10「當麻寺・その2」

當麻寺では、四天王を拝観して、ほぼ完璧に満足しました。
そうは言っても、せっかく来たのだから、万遍なくいろいろなところをまわりました。

で、奥院。
奥院そのものは、さほど心に響くものはありませんでした。
が、宝物館で意外に良いものに巡り会えました。
それが、二十五菩薩来迎像です。

国宝でも重文でもありません。
おもちゃのように、小さくて風格も感じません。
作られた時代も仏像としては新しく、作風も私の好みではありません。
が、なぜか気になるのです。

庶民的な身近さ、小さいのに精密な感じ、海洋堂のフィギアのようでした。
もちろん、悪い意味ではなく、良い意味で。

また、たくさんの菩薩が楽器を弾いている構成は、規模こそ違いますが、平等院の雲中供養菩薩と近いものがあります。
まあ、平等院の雲中供養菩薩が名指揮者の率いるオーケストラだとすれば、當麻寺の二十五菩薩来迎像はライブハウスのロックバンドのようなノリではありますが‥‥。


14031101r


|

« 2013京都奈良仏像の旅09「當麻寺・その1」 | トップページ | 2013京都奈良仏像の旅11「當麻寺・その3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/59277199

この記事へのトラックバック一覧です: 2013京都奈良仏像の旅10「當麻寺・その2」:

« 2013京都奈良仏像の旅09「當麻寺・その1」 | トップページ | 2013京都奈良仏像の旅11「當麻寺・その3」 »