« 先の読めない無責任な人たち | トップページ | チョコレートと準チョコレート »

2014.05.31

2014神と仏と明治の旅09「願興寺・その1」

予約者のみ拝観させてくれる願興寺。
事前に予約して、予約時間に間に合うように必死に愛車Renault21号を運転し、予定よりちょっと早く着くことができました。カーナビのおかげです。

願興寺の前で電話をかけて、住職さんに迎えに来てもらい、マンツーマンでお寺や仏像を紹介していただきました。

その住職さんは女性で、見かけもはっきりとした言動も、いかにも「関西のおばちゃん」という感じの人でした(失礼!)。
が、その住職さん、非常に信心深く、モノの考え方がしっかりしていて、自分の考えに信念を持ったすばらしい方でした。

本堂を拝観するときは、一緒に拝んでくれました。
また、仏像を拝観するときなど、仏像の前で般若心経を唱えて仏像に敬意を表していました。

この住職さん、お寺や仏像は宗教的な心のよりどころなので、美術品や観光目的では来てほしくないとはっきり言っていました。
私は、正直、美術品として仏像を拝観しているのですが、仏像を敬う気持ちは持っているので、ぎろぎりセーフでしょうか?

拝観のあとは、いろいろと話がはずみました。

願興寺はもともと幕府直轄で、その影響で今も檀家さんがいないので、収入が少ないそうです。

願興寺の本堂はかなり傷んでいてすぐにでも改修したいのですが、収入が少ないうえに、国と県と町の思惑が入り組んでなかなか話が進まないそうです。

そのほか、自らの宗教に対する思い、新興宗教に対する思い、いろいろなことを語ってくれました。
たいへん勉強になりました。
ありがとうございました。


14053101r_2


14053102r


|

« 先の読めない無責任な人たち | トップページ | チョコレートと準チョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/59737780

この記事へのトラックバック一覧です: 2014神と仏と明治の旅09「願興寺・その1」:

« 先の読めない無責任な人たち | トップページ | チョコレートと準チョコレート »