« 夏時間 | トップページ | 北斗星で北海道へ帰る予定だったのですが‥‥ »

2014.07.07

2014神と仏と明治の旅13「博物館明治村・北里研究所本館」

明治村の建物は、バラエティに富んでいて、見ていてとても楽しいです。
そのなかで、特に印象に残ったのは、北里研究所本館です。
あの北里柴三郎さんの研究所ですね。
1915年に建てられたそうです。
建てられてから約100年たっているわけです。

この建物、独特の雰囲気があります。
映画やドラマの中で、雨が降り雷が鳴る深夜、森の中で道に迷った主人公が、唐突に出くわす洋館。入ってみると、そこにはマッドサイエンティストがいて、怪しげな研究をしていて‥‥。
そういった雰囲気が感じられ、ドキドキしました。
まあ、北里柴三郎さんの研究所と知って見学しているわけですから、そのような先入観を持つのかもしれませんが。

そんな想像をしたあとで、この建物どこに建っていたんだろう?と思い、調べてみました。
びっくりしました。
東京都港区の白金じゃないですか。
東京のど真ん中、超高級住宅街じゃないですか。
こんなところで細菌の研究をしていたとは‥‥。


14070705r


14070701r


14070702r


14070703r


14070704r


|

« 夏時間 | トップページ | 北斗星で北海道へ帰る予定だったのですが‥‥ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/59945318

この記事へのトラックバック一覧です: 2014神と仏と明治の旅13「博物館明治村・北里研究所本館」:

« 夏時間 | トップページ | 北斗星で北海道へ帰る予定だったのですが‥‥ »