« 帰省報告04「帰省中のお仕事」 | トップページ | 帰省報告05「北斗」 »

2014.08.25

アイスバケツチャレンジ

最近、アイスバケツチャレンジが流行り始めました。
これは、バケツに入った氷水をかぶるか、寄付をするか、その両方をするか、というイベントのようなものですよね。

今回の主旨は、難病に立ち向かう人たちに寄付をするということです。
私は、こういった主旨には、基本的に大いに賛同します。
が、どうもそのやり方がうさんくさいなーと思っていました。なぜうさんくさいかというと、合意を得ない相手にある行為を強要し、それをまた次に人につなげさせるという手法は、まさしくチェーンメールとか不幸の手紙とか、そういったものと何ら変わりがないからです。

しかも、難病に対する寄付という文句のつけようがない大義があるために、断りづらいったらありゃしない。有名人がうっかり断ろうものなら、世間のさらし者になりかねません。

そんななか、案の定、深く考えずに軽はずみな行動に出た者がいます。
某野党の代表。
彼は、次のアイスバケツチャレンジに安倍首相を指名しました。

安倍首相は、今、広島土砂災害の対応で大わらわなはず。
このタイミングで首相に氷水をかぶれと指名しても、首相はできるわけないし、もしやったら広島の方々をはじめとした多くの方々から大ブーイングがおこるでしょう。

しかも、政治家が寄付をするということは、公職選挙法によって原則として禁止されているはず。今回のケースがそれに相当するかどうかわかりませんが、慎重に行動すべきことであることは間違いありません。

今回のアイスバケツチャレンジは、かなりの寄付を集めているはずで、本来の難病対策には非常に大きな価値があると思います。
だからこそ、その手段や運用に、慎重であるべきだと思うのです‥‥。

|

« 帰省報告04「帰省中のお仕事」 | トップページ | 帰省報告05「北斗」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/60209291

この記事へのトラックバック一覧です: アイスバケツチャレンジ:

« 帰省報告04「帰省中のお仕事」 | トップページ | 帰省報告05「北斗」 »