« 2014 京都と奈良と寝台列車の旅04 「北斗星の車窓から」 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 »

2014.12.09

東京国立博物館・日本国宝展

東京国立博物館の日本国宝展は10月15日から12月7日まで。私が行ったのは12月6日。最終日の前日ということもあってか、すごい混みようでした。

建物の外で、20分待ち。入館後も、ほとんどの展示物の前は人だかりで、落ち着いて鑑賞する雰囲気ではありませんでした。

展示物は、これでもかというくらい、次から次へと国宝が並んでいました。
が、私が好きなのは、仏像。書物や絵画や陶器などには、全く興味なし。そういったところは飛ばして、ひたすら国宝の仏像を見ていました。
が、多くは一度見たことのある仏像でした。
残念。

もうひとつ残念なことがありました。
日本国宝展では、あの志賀島で発見された金印が展示されているはずでした。日本史の教科書に出てくる、漢委奴国王と刻印されたあの金印です。仏像以外では、この金印はぜひとも見ておきたいと思っていました。
が、いくら探しても金印は見つかりません。係の人に聞いてみたら、「国宝展は12月7日までだが、金印の展示は11月30日までです。」とのことでした。
ざんね〜ん!

この日の成果は、中空土偶を見ることができたことです。
中空土偶は、私の故郷の函館近傍で発見された、北海道初の国宝です。なんとなく親近感がわきました。

で、帰りは当然ながらグッズをゲットしました。
日本国宝展関連では、善財童子と金印のポストカードと、中空土偶のクリアファイル。


14120901r


14120902r


あと、国宝展とは関係ないのですが、運慶の仏像の写真集もゲットしました。


14120903r


で、次の特別展の予告がありました。
みちのくの仏像。
これは、絶対に見学に行かなければ・・・・。


14120904r

|

« 2014 京都と奈良と寝台列車の旅04 「北斗星の車窓から」 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/60786048

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館・日本国宝展:

« 2014 京都と奈良と寝台列車の旅04 「北斗星の車窓から」 | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 »