« 横浜 | トップページ | 2014 京都と奈良と寝台列車の旅35「サンライズ瀬戸・その1」 »

2015.03.24

2014 京都と奈良と寝台列車の旅34「高松」

京都奈良の観光を全て終了。
その後、新幹線とマリンライナーを乗り継いで高松に行きました。

横浜に帰るのに、逆方向。
なぜかというと、高松発の寝台列車サンライズ瀬戸に乗るためです。

もうひとつの理由は、四国に上陸するためです。
私は、一生のうちに、全ての都道府県に行こうと思っています。北海道と本州は、今まで全ての都道府県を制覇してきました。が、四国と九州と沖縄は、まだ行ったことがなかったのです。

ただ、困ったことがひとつ。
その都道府県に行ったという定義は、私の中では、「観光する」または「一泊する」ということにしています。
が、高松駅についたのは、20時ころ。サンライズ瀬戸が出発するのは、21時26分。観光する時間も1泊する時間もないのです。これでは、四国に行ったことにならない!
せめて名物のうどんでも食べて、四国に行ったことにしようと思ったのですが、駅付近にうどん屋さんがない! 駅構内にあるうどん屋さんは、閉店中!
香川県の高松駅は、別名「うどん県さぬきうどん駅」。なのに、うどんを食べることができないとは。

結局、コンビニでパンとおやつを買って、サンライズ瀬戸の中で食事をすることになりました。
四国の高松まで来てやったことといえば、駅の中で列車の写真を撮っただけ。
これで、四国へ行ったことになるのでしょうか・・・・。


15032401r


15032402r


15032403r


15032404r


15032405r


15032406r

|

« 横浜 | トップページ | 2014 京都と奈良と寝台列車の旅35「サンライズ瀬戸・その1」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/61332689

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 京都と奈良と寝台列車の旅34「高松」:

« 横浜 | トップページ | 2014 京都と奈良と寝台列車の旅35「サンライズ瀬戸・その1」 »