« 群馬遠征 | トップページ | 夜行列車・その3 »

2015.05.18

医療保険の収支

私は、2種類の医療保険に入っています。
月々の保険料は、7000円くらいです。

今まで何回か、保険のおりるような治療と入院をしました。

成人スティル病を患ったとき39日間入院し、入院保障で39万円の保険料がおりました。
このときにかかった治療費は、たしか36万円くらいだったと思います。

心臓発作の時は、入院保障で2万円の保険料がおりました。
このときにかかった治療費は、13万円くらい。

大腸ポリープ切除の時は、手術保障で10万円の保険がおりました。
このときにかかった治療費は、2万円くらい。

合計すると、治療費は、51万円。
保険がおりたのは、51万円。
見事に、保険で治療費をカバーしています。
医療保険に入っていてよかったと、一瞬は思ったのですが。

実際は、月々の保険料が7000円、20年間払い続けたとして、168万円払っていることになります。
20年間、月々7000円を貯金し続けると、168万円貯金ができていたことになります。
医療保険に入らずに20年貯金を続けていれば、51万円の治療費なんて、168万円の貯金で軽くカバーできていました。

結論。
そこそこ生活が安定していて、そこそこ貯金がある人には、医療保険は必要ありません。
ただし、貯金で賄えないような高額医療が発生した場合は、別です。
なので、医療保険に入る場合は、必ず高額医療特約をつけたほうがよいです。
以上!

|

« 群馬遠征 | トップページ | 夜行列車・その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/61609881

この記事へのトラックバック一覧です: 医療保険の収支:

« 群馬遠征 | トップページ | 夜行列車・その3 »