« 屋根修理顛末記・その3 | トップページ | 洗礼 »

2015.08.31

屋根修理顛末記・その4

業者の担当者が入院のため、屋根修理の段取りがチャラになりました。
夏休みの初日に実家に来て見積もりをしてくれる約束だったのに、こちらから連絡するまで何の連絡もありませんでした。

このままでは終われません。
抗議の意味も含め、屋根修理ネットワークの受付窓口に連絡。案の定、受付窓口もこの事態を把握していませんでした。
さすがにまずいと思ったのか、「至急、代わりの業者を探して連絡しますので、こちらから連絡するまでお待ちください。」と言われ、電話を切りました。

そうは言っても、夏休みの初日であり、代替の業者がすぐに見つかるとは思えません。ましてや、夏休み中に見積もりや修理の段取りが終わるとは思えません。
全く期待せずに待っていたのですが‥‥。

ほどなく、電話がありました。代替の業者から。
だがしかし、その話を聞いて仰天しました。なんと、その業者、千歳市の業者だったのです。その屋根修理ネットワークは、それほど多くの業者と契約していなかったのでしょう。函館がダメなら千歳と、安易な発想だったのではないでしょうか。

ちなみに、函館から千歳まで、275km。
275kmというと、東京での屋根修理を福島の業者に頼むようなものです。
福岡での屋根修理を鹿児島の業者に頼むようなものです。
こんな遠くの業者を紹介する受付窓口の神経を疑います。

が、これを受けた千歳の業者さんのファインプレーがありました。
「さすがに千歳から函館まで屋根修理をしに行くのは、現実的ではないです。が、函館には信頼できる知り合いの業者がいます。そこに連絡しておきましたので、そちらに頼んだらどうでしょう。」

千歳の業者さん、わざわざ函館の業者さんを探してくれたのです。一銭の得にもならないのに。大感謝です。

結局函館の業者さんと連絡が取れ、夏休み3日目の月曜日に、見積もりに来てくれることになりました。

|

« 屋根修理顛末記・その3 | トップページ | 洗礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/62193406

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根修理顛末記・その4:

« 屋根修理顛末記・その3 | トップページ | 洗礼 »