« 通勤バッグ | トップページ | 大ピンチ »

2015.08.26

屋根修理顛末記・その1

昨年の夏休み、実家の屋根を修理しました。
そのときにいろいろとおもしろいことがあったので、思い出しながら書いていこうと思います。

私の実家は、北海道の函館。
家はだいぶ古くなり、いろいろなところにボロが出てきました。

そのひとつが、すが漏り。
すが漏りって、わかりますか? 
雪国特有の水漏れ現象です。雪解けのころ、屋根に積もった雪が解けて、それが家の中に漏れ出してくるのです。私の家でも、ここ数年、雪解けの時期だけ水が漏ってきていたのです。不思議なことに、どんなに大雨が降っても雨漏りにはならず、雪解け時期だけ漏れてくるのです。

雪解け時期だけ我慢すればいいし、屋根修理はかなり高額になりそうだし、修理に躊躇していました。
が、だんだん程度が悪くなってきたので、私がお金を出して屋根修理をすることを決意しました。

|

« 通勤バッグ | トップページ | 大ピンチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/62161646

この記事へのトラックバック一覧です: 屋根修理顛末記・その1:

« 通勤バッグ | トップページ | 大ピンチ »