« 疲労 | トップページ | 次のスピーカー »

2015.08.20

スピーカー

私はそこそこオーディオ好きで、リビングに1セット、寝室に1セット、オーディオシステムを組んでいます。
が、最近は、これらのオーディオシステムでまじめに音楽を聴くことが少なくなってきました。

そんななか、久々に寝室のオーディオシステムで音楽を聴いてみました。
そしたら。
以前と比べて、妙に音質が悪くなっているように感じました。

こんな音だっけ?と思いつつ心当たりを調べてみたら、予想通りスピーカーが腐っていました。スピーカーユニットのエッジのゴムが、加水分解でボロボロになっていたのです。一部、穴があいているところもありました。


15082003r


このスピーカー、大学4年(1982年!)のときに買ったDENONのSC-101をベースにして、私が改造したものです。
もともとのSC-101は、たいへんに良い音で、とても満足でした。


15082002r


が、オリジナルのスピーカーユニット(ウーファー)のエッジのゴムが、やはり加水分解のためボロボロになってしまいました。なので、サイズの合うウーファーを買って、自分で交換したのです。
たいした知識もなく作った改造スピーカーにもかかわらず、思いのほか良い音がでて、大満足でした。
その自作のスピーカーが、また腐ってしまったのです。


15082001r


さて、今後どうするか。
また自分で改造するという手もあったのですが、ベースは30年以上も前のスピーカー。
さすがに今回は、新しいスピーカーを買おうと決意しました。

|

« 疲労 | トップページ | 次のスピーカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/62122112

この記事へのトラックバック一覧です: スピーカー:

« 疲労 | トップページ | 次のスピーカー »