« コンサ快勝! | トップページ | 2016北海道遠征05「お買い物」 »

2016.03.21

2016北海道遠征04「小樽散策」

小樽運河から小樽オルゴール堂本館まで、いかにも観光客が歩きたくなるような道を歩いてみました。

散策して思うのは、小樽はほんとにガラスで勝負しているんだなということです。
道の両脇に、これでもかというくらいたくさんのガラス細工屋さんが並んでいます。これだけガラス細工屋さんがならぶと、ワンパターンで飽きてしまいそうなものですが、それぞれのお店に個性があります。手作り感満載です。これだけまちづくりを徹底することは、なかなかできません。すばらしい。我が故郷函館も、見習ってもらいたいところです。

石造りのクラシックな建物が多いのも、印象的でした。
古くからあった建物なのか、新しく建てたときにわざと歴史を感じさせるようなデザインにしたのか、私にはわかりません。が、いずれにせよとてもよい雰囲気でした。

ひとつだけ町の良い雰囲気をぶち壊しているものがあります。
それは、飲食店の看板。
観光客狙いのお寿司屋さんとか海鮮料理屋さんとかが多いのですが、もう壁いっぱいに写真付きメニューを貼りだしているお店が多いのです。街の雰囲気が、一気に安っぽく見えてしまいます。
なんとかならないものでしょうか・・・・。


16032101r


16032102r


16032103r


16032104r


|

« コンサ快勝! | トップページ | 2016北海道遠征05「お買い物」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/63378221

この記事へのトラックバック一覧です: 2016北海道遠征04「小樽散策」:

« コンサ快勝! | トップページ | 2016北海道遠征05「お買い物」 »