« 会議のせいで | トップページ | 快勝! »

2016.03.05

胃カメラ

本日、がん検診を受けてきました。
要するに、胃カメラを飲んできました。

以前は、別の病院で胃カメラによるがん検診を受けていました。
が、その病院は、点滴による麻酔をかけてくれないのです。麻酔なしの胃カメラは、私には到底耐えられません。泣きながら胃カメラを飲んでいました。
今回は、ちゃんと点滴による麻酔をかけてくれる病院を選択しました。

その麻酔の効果は、劇的。
まず、腕に針を刺して点滴の準備をします。そして、横になって、胃カメラ用のマウスピースをはめます。その次に胃カメラを飲むことになるのですが‥‥。

胃カメラを飲んだ記憶がないのです。
気がついたときは検査が終了して、別の部屋にいました。しかも、別の部屋に移動したのに、移動した記憶さえないのです。

麻酔というと、だんだんボーッとしてくるイメージでした。
が、瞬時に効いて瞬時に覚醒する感じでした。
麻酔が効かなかったらどうしようという心配もありましたが、全く問題ありませんでした。

最近は歯の治療も痛くないし、麻酔もいい感じで効くし、こういったさりげないところに顧客目線の技術の進歩を感じます。

|

« 会議のせいで | トップページ | 快勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/63304492

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラ:

« 会議のせいで | トップページ | 快勝! »