« 絨毯 | トップページ | 遠征計画 »

2016.05.24

2016 福井と金沢の旅08 「永平寺門前町」

永平寺で修行体験(参籠)する前に、門前町をぶらつき、お買い物をしました。

伊勢神宮のおはらい町やおかげ横丁は、観光のために最近整備されたような印象があります。
が、永平寺の門前町は、昔から地道にやってきた古いおみやげ屋さんが多いです。
門前町としては思ったよりこじんまりしていて、あっという間にひとまわりできました。

ここでのお買い物は、当然、招き猫。

まずは、木彫りの招き猫。
張り子や陶器の招き猫は多いのですが、木彫りの招き猫は、けっこう珍しいと思います。


16052401r


次、招き猫の風呂敷。
風呂敷なんか絶対に使わないのはわかっているのですが、額に入れて壁に飾ろうと思って購入しました。ちなみに、この風呂敷は、最後の1枚でした。展示品ということで、1割引きしていただきました。


16052402r


そして、張り子の招き猫の貯金箱。
この貯金箱を売っていたお店は、昔からの古いお店でした。いつからの在庫だろと思うくらい、ホコリまみれのおみやげもありました。
その中で見つけた、ちょっと汚れた招き猫の貯金箱。
なぜ、この貯金箱を買ったかというと、店番のおばあちゃんの影響です。

このお店のおばあちゃん、かなり高齢でした。本来、口数の少ない不器用なタイプの人のように見えました。が、ほんとに一生懸命対応してくれたのです。おみやげを売ろうという一生懸命ではなく、お客さんに対する一生懸命でした。
私は、一生懸命なおばあちゃんには、弱いんですよねえ・・・・。


16052403r


|

« 絨毯 | トップページ | 遠征計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/63675225

この記事へのトラックバック一覧です: 2016 福井と金沢の旅08 「永平寺門前町」:

« 絨毯 | トップページ | 遠征計画 »