« 決戦! | トップページ | 2016 福井と金沢の旅30 「金沢21世紀美術館」 »

2016.07.04

サマータイム

本日より、私の会社ではサマータイムが始まりました。
サマータイムというよりも、就業時間を30分だけ前倒しにするという表現が正しいです。

私は、正しい定義の元で正しい使い方ができれば、原則サマータイムには賛成です。
正しい定義・正しい使い方というのは、日本全国例外なく、全ての企業・民間で同時に時計をずらすという意味です。
そうすれば、相対的になんら不都合はないはずだし、省エネにもつながるはずです。

ところが、我が社では、適当な理由をつけて勝手にサマータイムを導入しています。
連携のとれていないサマータイムは、百害あって一利なし。
うまくいくはずがありません。

我が社でうまくいっていない例、その1。
幼稚園や保育園の時間は変わらずに出社時間は30分前倒しになっているので、共働きの家庭では子供を幼稚園や保育園に連れて行くことができなくなる場合があります。そういう場合は、会社に申請を出して、時間差出勤を余儀なくされています。

うまくいっていない例、その2。
我が社は首都圏に事業所が点在しており、異動も多く、結果的に遠距離通勤の人が結構います。その人たちにとっては、公共交通機関の始発に乗っても会社にたどり着けない場合が生じます。このケースでも、会社に申請を出して、時間差通勤したり、通勤手段にバイクや自転車を併用するハメになったりします。
ちなみに、私はこのケースの被害者のひとりです。

うまくいっていない例、その3。
家族との生活がずれて、会話や一緒に食事をする時間がが少なくなる家庭もあるようです。
私は、独身なので、関係ありませんが‥‥。

うまくいっていない例、その4。
単純に、朝早く出勤しなければならなくなります。
私の場合、4時45分に起き、5時10分に家を出ることになります。
まあ、そのぶん早く寝ればいいだけなのですが。

唯一ラッキーなのは、電車がちょっとだけ空いていることくらいでしょうか。

サマータイム期間、3ヶ月。
なんとかならんかなあ‥‥。

|

« 決戦! | トップページ | 2016 福井と金沢の旅30 「金沢21世紀美術館」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/63869993

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイム:

« 決戦! | トップページ | 2016 福井と金沢の旅30 「金沢21世紀美術館」 »