« 2016 福井と金沢の旅32 「帰途」 | トップページ | 首位堅持 »

2016.07.09

ダイソン?大損?

ダイソンのスティッククリーナーを買いました。
Dyson V8 Fluffy です。

私は、すでにエレクトロラックスのスティッククリーナーを持っています。
これといった不満もないのですが、モーターやゴミをためるところがヘッド(ノズル)の近くに配置されていているため、ヘッドの近くが膨らんで蛇が卵を飲んだような形になっています。なので、家具の下とか狭いところを掃除できないという唯一の欠点がありました。


16070901r


16070902r


そこで、購入を考えたのが、ダイソン。
が、今までのダイソンには、気に入らない欠点が幾つかありました。

バッテリーの持ちが短い!
カタログ上では20分持つことになっていますが、実際には15分も持たないようです。これでは、使い物になりません。

うるさい!
マンションで使うには、致命的なくらいうるさかったです。

そういった欠点には、メーカー側も気づいていたのでしょう。
バッテリーの持ちは、従来の2倍。
騒音は、従来の半分。
今回のモデルチェンジで、見事に修正してきました。

そのメーカーの姿勢に敬意を評し、値段が高いことで有名なダイソンのスティッククリーナーを買ってしまいました。


16070901r_2

176070902r


16070903r


実は、購入前に、いろいろな欠点にも気づいていました。

ひとつは、部品の作り込みの甘さ。
透明なプラスチック部分に、ウエルドラインという製造上の傷のような跡がついていること。


16070904r


色のついたプラスチック部分は、不均一な模様が出ていること。


16070905r


日本の一流メーカーでは、こういうものは、絶対に修正してから商品化するはずです。

あと、設計上の問題もあるようです。
購入前に量販店で動作を確認したときに、本来、外れるはずのない部品がポロっととれたことが2回もありました。

欠点とは言い難いのですが、ゴミをためる部分が透明なため、汚いところがモロに見えるのにも、抵抗があります。
汚く見えるのは嫌なので、掃除機を使ったあとは即座にゴミを捨てるのですが、それでも細かい埃が静電気でくっついて、完全には綺麗になりません。
潔癖性の人には、ダイソンのスティッククリーナーは、お勧めできません。

それでも、物欲をそそられるダイソンのスティククリーナー。
これから使い込んで、実力を試していこうと思います。

|

« 2016 福井と金沢の旅32 「帰途」 | トップページ | 首位堅持 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/63893014

この記事へのトラックバック一覧です: ダイソン?大損?:

« 2016 福井と金沢の旅32 「帰途」 | トップページ | 首位堅持 »