« 電力自由化、その後 | トップページ | 2016 岡山と京都の旅10 「京都鉄道博物館・屋内展示」 »

2016.08.30

2000GT

本日、本屋さんで「国産名車コレクション」の創刊号が発売されているのを発見しました。
隔週で、日本の名車と呼ばれるミニカーを発売し続けるシリーズです。
ミニカーのシリーズがなぜ本屋で発売されているのかは、理解できませんが(笑)。

創刊号は、トヨタ2000GT。
私のようなスーパーカー世代は、必ず興味を示すはずです。
日本には、スポーツカーと呼ばれる車は多いですが、堂々とスーパーカーを名乗ることができるのは、2000GTくらいじゃないかな。

サイズは、1/24。
お値段は、創刊号ということもあって、破格の1,299円。
非常に精密で重厚感もあります。
リトラクタブルライトも上がるし、ドアもニラきます。
このサイズこのお値段で考えると、とんでもない掘り出し物です。
当然ながら、私もゲットしました。

このシリーズ、今後も発売が続きますが、正直買い続ける気は全くありません。
が、思い入れのある車が発売されたときは、買うことになると思います。

仮に発売されたとして、きっと買うであろう車は、以下のような感じです。

深緑色の2ドアの初代カローラ(2ドア)。
中古ではありましたが、私の実家で初めて買った車です。

茶色の初代カリーナ。
新車ということとカローラより格上の車ということで、随分リッチな気分になったのを記憶しています。

白の3代目カローラ(4ドア)。
大学時代、車に理解のある親が買ってくれました(もちろん中古)。ドアに河合奈保子のステッカーを貼っていました。痛車の先駆けですかね。

赤の2代目プレリュード。
自分のお金で買った初めての車。
デートカーとして一世を風靡しましたが、私はこの車をデートの目的で活用することはできませんでした。
残念!

紺の3代目プレリュード。
今でも、日本で一番かっこいい車だと思っています。

さて、私の思い入れのある車、発売してくれるでしょうかね‥‥。


160830_2000gt_01r


160830_2000gt_02r


160830_2000gt_03r


160830_2000gt_04r


160830_2000gt_05r


160830_2000gt_06r


160830_2000gt_07r


|

« 電力自由化、その後 | トップページ | 2016 岡山と京都の旅10 「京都鉄道博物館・屋内展示」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/64133410

この記事へのトラックバック一覧です: 2000GT:

« 電力自由化、その後 | トップページ | 2016 岡山と京都の旅10 「京都鉄道博物館・屋内展示」 »