« 久々に楽しいお仕事 | トップページ | ぐだぐだ »

2017.01.24

モビプレップ

先日の大腸内視鏡検査のとき、大量に摂取した経口腸管洗浄剤モビプレップ。
なぜあんなに効果があるのか?疑問に思ったので調べてみました。

Wikipedia によると、以下のように記されていました。
「腸管での水分吸収は電解質が吸収されることで発生する腸管内と体内の間の浸透圧差に応じて水分が移動することにより起こる。腸管で吸収できる電解質の量には限りがあるため、等張の電解質液を大量に経口摂取すると浸透圧差が小さくなる。それ故、経口摂取した水分の殆どが腸管に滞留し峻下作用を表す。」

要するに、モビプレップは、水分を吸収しなくする薬だったわけです。
水分を吸収しないから、飲んだ分だけ出てくるという仕組みだったのです。
なるほど。
よーくわかりました。

それを証明する自覚症状がありました。
モビプレップを飲み続けているときは、あれほど大量の水分(3時間で5ℓ!)を飲み続けているのに、全然尿意をもよおしませんでした。
が、モビプレップを飲み終わって薬の作用がなくなると、一気にオシッコしたくなってトイレに駆け込みました。
薬が切れて、一気に水分の吸収が始まったんですね。

ホント、最近の薬はよくできています。

|

« 久々に楽しいお仕事 | トップページ | ぐだぐだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/64805691

この記事へのトラックバック一覧です: モビプレップ:

« 久々に楽しいお仕事 | トップページ | ぐだぐだ »