« ある意味、命がけ | トップページ | 2017 仙台遠征 03 「東北大学教養部」 »

2017.03.26

2017 仙台遠征 02 「東北大学工学部」

今回の仙台遠征、仙台について真っ先に向かったのは、我が母校東北大学工学部でした。

まずは、地下鉄に乗って青葉山駅へ。
私が学生だったころは、当然ながら地下鉄などありませんでした。
便利になったものです。

で、青葉山駅は、理学部のあたりにあるはず。
そして、理学部から我が工学部機械工学科までは、一本道のはず。
が、駅で降りて、しばらくは自分がどこにいるのかわかりませんでした。
それほどまでに、理学部の周りは変わっていました。

そして、やっと道がわかり、機械工学科までチンタラ歩きました。
道沿いの建物は、随分と変わっていました。
が、我が機械工学科の校舎は、全く変わっていませんでした。
まあ、もう既に機械工学科という名前はなく、機械・知能系という名前になっていましたが‥‥。

懐かしい想いは、もちろんありました。
が、それよりも、東北大学工学部機械工学科で学んだ誇りが、いまさらながらこみ上げてきました。

私は、こんなすごい大学に入れたのか。
私は、こんなすごい大学で学んだのか。
私は、こんなすごい大学を卒業できたのか。

大学にいた4年間は、こういう想いは全くなかったのに、不思議なものです。

ちなみに、大学の授業で何を学んだのかは、ほとんど覚えていません。
大学では、人との付き合い方を学んだことが大きいです。
研究室の諸先輩がた、同期の仲間たち、クラブ活動での友人たち‥‥。
今から思うと、私の人生の宝になっているような気がします。

工学部にいたときに、忘れられないイベントがありました。
それは、工学部の学科対抗の大運動会。
たいへん盛り上がるイベントで、特に我が機械工学科は、本気で勝ちにいっていたなあ。

そして、その中の種目のひとつ、ミス工明会。
要するに、女装のコンテストです。
みんなが各種目に全力を尽くす中、私は研究室にこもって秘書のお姉さんからお化粧をしてもらい、見事第3位に入賞しました‥‥。


17032601r


17032602r


17032603r


17032604r


|

« ある意味、命がけ | トップページ | 2017 仙台遠征 03 「東北大学教養部」 »

コメント

東北さん、コメントありがとうございます。
また、ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。

愛車 Renault 21 号、今年で26年目。
そして、わたくし、今年で58年目。
いろいろとガタもくるわけです‥‥。

投稿: ばあど | 2017.03.27 22:44

体調不良から突然の緊急入院にギョッと驚き、でもブログの更新があって良かった大丈夫そう…とひとまず安堵しておりました。どうぞお大事に!ところで、ここはやはり、入賞写真も拝見したいところであります!

投稿: 東北 | 2017.03.27 16:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53215/65070574

この記事へのトラックバック一覧です: 2017 仙台遠征 02 「東北大学工学部」:

« ある意味、命がけ | トップページ | 2017 仙台遠征 03 「東北大学教養部」 »