« 2018 チベット旅行記 27 「最後の停車駅からラサ駅まで」 | トップページ | 2018 チベット旅行記 28 「酸素、水、意味不明な機器」 »

2018.09.06

北海道胆振東部地震

北海道で、大きな災害が起こってしまいました。

実家のある函館は、震度5弱で、震源地に比べれば被害は少ないはずです。
が、それでも実家では、9月6日21時30分現在、いまだに停電と固定電話不通の状態が続いています。
停電がこれだけ続くと、生活にも支障が出てくるはず。
心配です。

実家にいる姪と連絡が取れたのですが、人や物には大きな被害がなかったようです。
その点、まずはひと安心です。

多くの方々が復旧に努力していると思います。
自分も何かできないか、考えてみようと思います。


ちなみに。
朝、姪から地震の状況を伝えるメールが届きました。
写真が添付されていました。
何かの被害の写真かと思ってドキドキしながら写真を見たのですが、姪の子(8ヶ月)がにっこり笑っている写真でした。
遠くにいる人に無事を知らせるメールとしては、最高のメールでした。

|

« 2018 チベット旅行記 27 「最後の停車駅からラサ駅まで」 | トップページ | 2018 チベット旅行記 28 「酸素、水、意味不明な機器」 »

コメント

wakaちゃん、コメントありがとう!
実家の家族はみんなで力を合わせてがんばっているので、大丈夫。
ご心配をおかけしました!

投稿: ばあど | 2018.09.08 01:29

ご無沙汰しております!!ホント心配しておりました。
皆様ご無事とのこと、何よりです。
わたくしも台風直前、大阪におりまして...
いつなんどき自然災害とは起こるかわかりませんが、
1日も早く通常の生活が戻ることを祈るばかりです。

投稿: waka | 2018.09.07 09:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道胆振東部地震:

« 2018 チベット旅行記 27 「最後の停車駅からラサ駅まで」 | トップページ | 2018 チベット旅行記 28 「酸素、水、意味不明な機器」 »