« 2018 チベット旅行記 36 「ポタラ宮・その1」 | トップページ | 2018 チベット旅行記 38 「ノルブリンカ」 »

2018.10.03

2018 チベット旅行記 37 「ポタラ宮・その2」

ポタラ宮の内部を観光して感じたことは、意外と宗教的な雰囲気がないということです。
ポタラ宮は、チベット仏教の聖地というイメージが強かったのですが・・・・。

ほぼ観光地化していて、お坊さんの姿もほとんど見かけませんでした。
ある意味残念でした。

ポタラ宮は、政治的な面と、歴代ダライ・ラマの居住地という面と、宗教施設という3つの面があるようです。
宗教オンリーというわけではないんですね。

ポタラ宮は、単体では世界最大級の建築物ということです。
部屋の数は、約2,000。
もちろん全ての部屋を観光できるわけがありません。
仮にできたとしても、最後は疲労困憊で観光どころではないでしょう。

観光した部屋は、基本的には有名な部屋のはず。
しかし、仏像や宗教的なものはあまり見かけませんでした。
やはり、ポタラ宮は外から見たほうがはるかにインパクトがありますね。

内部の写真は禁止だったので、ポタラ宮でしか売っていないという写真集を買いました。
ちょっと高かったな・・・・。


18100301r


18100302r


18100303r


18100304r


18100305r


18100306r


18100307r


18100308r


18100309r


18100310r


|

« 2018 チベット旅行記 36 「ポタラ宮・その1」 | トップページ | 2018 チベット旅行記 38 「ノルブリンカ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018 チベット旅行記 37 「ポタラ宮・その2」:

« 2018 チベット旅行記 36 「ポタラ宮・その1」 | トップページ | 2018 チベット旅行記 38 「ノルブリンカ」 »