« 仏像の姿(かたち) | トップページ | 2018 チベット旅行記 44 「ヤムドゥク湖往路」 »

2018.10.14

ロック猫

昨日、高円寺に行ったのですが、たいへんに個性的な猫グッズの店がありました。

狭い店内には、猫グッズがぎゅうぎゅうに詰まっていました。
しかも、どこにでもありそうな既製品のグッズではなく、猫グッズ作家さんが作ったものをそのまま展示しているようなお店でした。
たいへんに楽しいお店でした。

私が集めている招き猫はほとんどなかったのですが、おもしろい張り子の猫があったので、ゲットしました。


18101401r


で、帰り際に、非常に興味深いものを発見しました。
ロックのレコードジャケットに、猫を描きたしたグッズがあったのです。

レコードジャケットに猫を描き加え、それをベースにして、時計にしたり、カレンダーにしたり、シールにしたりしたグッズでした。
このお店のオーナーさんが猫作家さんに依頼して、作成しているようです。
思いつきで始めたものが、思いのほか評判が良く、次々と新作が出ているそうです。

選択したレコードジャケットが、また秀逸。
ほとんどが、1970〜1980年代の、伝説的なロックバンドのレコードジャケットなのです。

ハードロックでは、レインボー、デュープ・パープル、ユーライア・ヒープ、レッド・ツェッペリン、クイーン、KISSなど。
プログレでは、キング・クリムゾン、ELP、ピンク・フロイドなど。
他にも、ビートルズとかビリー・ジョエルとかクラフトワークとか。
懐かしい人たちのレコードジャケットが、猫バージョンに書き換えられているのです。

レコードジャケットそのものは置いていなかったのですが(即座に売り切れたらしい)、レコードジャケットのデザインのシールセットを買いました。

今後も新作が発表されるそうです。
はまりそうです。

ちなみに、このお店のオーナーさんは、明らかに私と同世代で、当時のロックバンドのことで話が弾みました。


18101402r


18101403r


18101404r


18101405r


18101406r


|

« 仏像の姿(かたち) | トップページ | 2018 チベット旅行記 44 「ヤムドゥク湖往路」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロック猫:

« 仏像の姿(かたち) | トップページ | 2018 チベット旅行記 44 「ヤムドゥク湖往路」 »