« 2019 台湾旅行記15「美麗島駅」 | トップページ | vs川崎 »

2019.06.13

最初で最後のボーナス

本日、ボーナスの支給がありました。
ある意味最初のボーナス、ある意味最後のボーナスとなります。

最初のボーナスという意味は、もちろん、定年後最初のボーナスという意味です。

最後のボーナスという意味は、ちょっと複雑。

私は、大手の企業に勤めていたのですが、定年後は、出向という形で子会社に再雇用となりました。
この子会社、実質親会社の1部門のような形となっており、人事システムなどもほとんど共通なのです。なので、給与の形態や休暇の形態も、同じ。親会社から子会社に移っても、給与も休暇も引き継がれるのです。

なので、ボーナスの計算は、以下のようになります。

定年前の1月から4月までのボーナス + 定年後の5月6月のボーナス。

つまり、前の会社の最後のボーナスとなるのです。
1月から4月までは管理職時代のボーナスなので、けっこうな額になります。
次回からは、再雇用の子会社だけのボーナスになるので、大幅に額が下がります。

きびしいなあ・・・・。

|

« 2019 台湾旅行記15「美麗島駅」 | トップページ | vs川崎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 台湾旅行記15「美麗島駅」 | トップページ | vs川崎 »