« 2019 台湾旅行記21「九份・その1」 | トップページ | 2019 台湾旅行記22「九份・その2」 »

2019.07.07

奈良大和四寺のみほとけ

昨日、トーハクに行ってきました。
奈良大和四寺のみほとけという企画を観るためです。

今回の企画は、室生寺・長谷寺・岡寺・安倍文殊院の仏像を展示したものです。
特別展ではなく、通常展として観られます。
通常展なので、入館料も安くすみました。
また、土曜日なのにガラガラでした。
ラッキーでした。
それにしても、あの室生寺の十一面観音が通常料金で観られるとは。

この四寺は、いずれも行ったことがあります。なので、全ての仏像を観たことがあります。が、やはりお寺で観る仏像と博物館で観る仏像は、イメージが違います。
どちらが良いということではなく、いずれも価値があります。

久々にゆっくりと仏像を観られて、なんか幸せな気持ちになりました。

ちなみに、当然ながらグッズもゲットしました。
今回は、お約束の図録とクリアファイルとポストカードは当然として、室生寺の倒木で作った木の板もゲットしました。
何に使うかは別として。

19070603r

19070604r

19070605r

19070606r

19070602r

19070601r

|

« 2019 台湾旅行記21「九份・その1」 | トップページ | 2019 台湾旅行記22「九份・その2」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 台湾旅行記21「九份・その1」 | トップページ | 2019 台湾旅行記22「九份・その2」 »