« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019.08.27

引っ越しを妨害する人される人

今回の引っ越しに関して、引っ越し作業を滞らせる人がひとりいました。
Kちゃん1歳7ヶ月。
2世帯住宅の2階に住んでいる姪の子(妹の孫)です。

2階の作業の邪魔になると、1階の母のところ(即ち私の帰省先)に、「ちょっと預かって!」と言って姪がKちゃんを連れてくるのです。そうなったら最後、引っ越しどころではありません。Kちゃんが直接引っ越しの邪魔をするというのではないんです。Kちゃんがかわいくてかわいくて、母も私もついついKちゃんと遊んでしまうのです。

ちょっとでもKちゃんから離れて引っ越し作業をしようとすると、Kちゃんは私を呼び止めるのです。そして、床を指差して、「ここ!」と言うのです。要するに、ここに座って私と遊んで!と言う意思表示です。こんな状態でまともな引っ越し作業をするのは、無理です。引っ越し作業は、大幅に遅延しました・・・・。

| | コメント (0)

引っ越し業者のパワー

サカイという引っ越し業者に引っ越しをお願いしたのですが、その作業に仰天しました。

引っ越しには、どう見ても20代前半にしか思えない若者が6人集合。ぱっと見、みんなすらっとしていてホントに大丈夫なの?という感じでした。

だがしかし。
ものすごいパワー。とんでもなく重いタンスを2人で運んだり、巨大な冷蔵庫を2人で2階から下ろしたり。しかも、信じられないスピードで。荷物を持ったまま、走るようにして運んでいました。おかげさまで、想定より短時間で引っ越しが済みました。

サカイさん、たいへん助かりました。

 

おまけ。

引っ越し業者の中に長身でイケメンなお兄さんがいて、引っ越し後、妹と姪の間でたいそう話題になっていました(笑)。

| | コメント (0)

2019.08.26

引っ越し完了?

8月10日から8月26日まで、函館の実家に帰ってきました。
家の建て替えのための引っ越しがあったからです。

引っ越しがたいへんなことは覚悟していたのですが、予想をはるかに上回るたいへんさでした。人生でこんなに働いたことはないというくらい、がんばりました。仮住まいのアパートへの引っ越しは8月24日だったのですが、なんとか間に合いました。
1階については。

実は実家は2世帯住宅で、1階には母親が、2階には妹一家が住んでいます。1階に住んでいる高齢の母親一人で引っ越しするのは不可能なので、私が4月5月のゴールデンウイークから着々と引っ越し準備を進めていました。なので、なんとかなったのです。

だたしかし。
2階の住人はなんとかなるだろうと準備を怠り、結局8月24日の引っ越しのときに全ての荷物を運び出せなかったのです。家を建て替えるので、今の家は解体しなければなりません。なので、解体前に全ての引っ越し作業を済まさなければなりません。結局、今週末も函館の実家に帰って妹一家の引っ越しの手伝いをすることになりました・・・・。

そういえば、「アリとキリギリス」という童話がありましたねえ・・・・。

| | コメント (0)

2019.08.16

実家から近況報告

ただいま、函館の実家に帰省中です。エアコンがないので、横浜より暑いです。その暑い中、毎日引っ越しの準備で大忙しです。引っ越しまであと1週間。間に合うんだろうか…。

| | コメント (0)

2019.08.09

長期帰省

8月10日から18日までは、会社の長期休暇です。今回は、有給休暇を使って26日まで夏休みを取ることにしました。その理由は、函館の実家の引っ越しがあるからです。

自分だけが住んでいる家の引っ越しだったら話は簡単です。捨てるものも大事なものも全て自分で判断できます。

が、親の荷物の何が必要で何を捨てるのか私にはさっぱりわかりません。何をするにもいちいち確認を取らなければなりません。今年の正月から毎月のように帰省してコツコツと片付けを手伝っていますが、絶望的な進捗です。

引っ越しまで残された日にちは、あと2週間。
たいへんだ・・・・。

ということで、しばらく本ブログもお休みになります。
夏休み明けに、またお会いしましょう。

 

| | コメント (0)

2019.08.08

2019 大分遠征 16 「豊後高田昭和の町・その5」

事前の調査もほとんでせずに昭和の町を訪れたのですが、たいへんに良いカフェを見つけました。メニューのほとんどが、昭和の学校給食なのです。

10種類以上のメニューがある中で、私は迷わず鯨肉の竜田揚げのセットをオーダーしました。私の長い人生の中で、最も好きな食べ物のひとつが学校給食で食べた鯨肉の竜田揚げだったのです。

セットの内容は、瓶牛乳、揚げパン、鯨肉の竜田揚げ、フルーツポンチ、ポテトサラダ。
完璧なメニューです。

揚げパン、こんなに甘かったかなとか。
鯨肉は、もっとボリュームがなかったっけとか。
なんで瓶牛乳がなくなったんだろうとか。
いろいろな思いで、給食をいただきました。
とても良い思い出になりました。

ちなみに、隣の席に20代前半と思われるカップルが着席。私と同じ鯨肉の竜田揚げのセットをオーダーしました。男性の方は、こんなに美味しいものを今まで食べたことがない!という勢いで、揚げパンを大絶賛していました(笑)。

19080821r

19080822r

19080823r

19080824r

19080825r

| | コメント (0)

2019 大分遠征 15 「豊後高田昭和の町・その4」

テーマパークのロマン蔵の見学が終わった後は、町の中を歩いてみました。町並みは、ホントに昔からあったものがそのまま残っている感じでした。映画館とか銭湯とかは、今は形だけ残っているようですが、ほとんどの町並みは現役でした。

薬屋さんとか下駄屋さんとか、昔のままの形で営業していました。どうしてやっていけてるんだろうと思うくらい、頑固に昔の姿を守っていました。すばらしい。
観光客を集めるために工夫していながら、観光客に媚びていない。すばらしい町おこしだと思います。

19080801r

19080802r_20190808213201

19080804r_20190808213201

19080803r_20190808213201

19080808r

19080809r_20190808213201

19080807r_20190808213201

19080805r_20190808213201

19080810r_20190808213201

19080806r

19080811r

当然ながら、お土産もゲットしました。
残念ながら良い招き猫がなかったので、フクロウにしました。トリニータ大分サポーターのお店のオーナーさんと、サッカーの話で盛り上がりました。

19080812r_20190808213201

 

| | コメント (0)

2019.08.07

2019 大分遠征 14 「豊後高田昭和の町・その3」

昭和の町のテーマパーク、ロマン蔵。
この手のテーマパークのお約束として、懐かしい車が展示されていました。

有名な車が展示されていたり、スーパーカーが展示されていたり、数多くの車が展示されていたり、そういった懐かしい車を集めて展示したテーマパークは、他にもいろいろとあります。

が、ロマン蔵に展示されている車は、それほど多くはなく、目を引く車もあまりありません。「あ、この車、見たことある!」と思わずつぶやいてしまいそうな、どこでも見かけるような平凡な車ばかりです。が、それがいいのです。ホント、当時の雰囲気に浸れます。

しかも、屋内に展示されているのは、てんとう虫(スバル360)だけ。他の車は、屋根がついているところはいえ、基本は屋外展示。昔の軒先の駐車場に押し込んだ感じの展示です。これがまた、自然な昭和の町を感じさせます。

また、展示されている車の多くは、完璧には補修されていません。きれいに磨いてはいるのですが、錆びたところなどはそのままにしてあります。古い車を古く見せる演出もまた、高感度高いです。

19080701r 

19080704r

19080707r

19080705r

19080706r

19080703r

19080702r

19080708r

19080709r

今回私がレンタカーで利用したのは、日産ノート。
やはり時代の違いを感じますね・・・・。

190807r

| | コメント (0)

2019.08.06

2019 大分遠征 13 「豊後高田昭和の町・その2」

昭和の町のテーマパーク、ロマン蔵。
いろいろなグッズを展示していました。

展示品を見て思ったのは、意外と自分が持っているものが展示されていたことです。レコードとか、怪獣のソフビとか。

自分は昭和の人間なんだと実感しました。

19080613r

19080616r

19080614r

19080615r

19080612r

19080611r

19080617r

 

| | コメント (0)

2019 大分遠征 12 「豊後高田昭和の町・その1」

今回の旅行で一番楽しみにしていたのは、実は豊後高田の昭和の町でした。事前の調査をほとんどせずに昭和の町を訪れたのですが、期待通りの楽しい町でした。

基本的には古くからある昭和の匂いがする街並みを見せたいのでしょうが、それだけでは交通の便の悪い豊後高田にはなかなか人を呼べません。なので、まずは核となるテーマパークを作って、人を呼んで、それから町を歩いてもらおう。そのような町おこしのコンセプトが伝わってきます。

で、テーマパークのロマン蔵。
こういったテーマパークは特に珍しいものではなく、けっこうどこにでもあると思います。が、目新しさはなくても結局楽しめてしまいます。

ロマン蔵で私が着目したのは、3つの展示です。
生活環境の展示。
当時のグッズの展示。
そして、当時の車の展示です。

当時の生活の展示の中で思い出深かったのは、学校です。
木の机。木の椅子。チョークの黒板。
今は亡きどすこい君と授業を受けた小学校は、こんな感じでした。
大人になってからどすこい君と一緒に行った松本の開智学校も、思い出しました。

懐かしい風景に出会うと、いつもどすこい君のことを思い出してしまいます。昭和の町も、どすこい君と来たかったな・・・・。

19080601r

19080602r

19080604r

19080605r

19080606r

19080603r

19080607r

 

| | コメント (0)

2019.08.04

2019 大分遠征 11 「臼杵磨崖仏・その5」

引き続き、臼杵磨崖仏の写真を追加UPします。
石仏が着色されているという事実も興味深いですが、その着色がまだ残っているのにはびっくりしました。風雨にさらされているので、色はすぐにハゲてしまうと思っていたのですが。後世に修復したときにでも彩色しなおしたのかなあ。

19080410r

19080409r

19080412r

19080411r

19080414r

19080413r

 

| | コメント (0)

2019 大分遠征 10 「臼杵磨崖仏・その4」

臼杵磨崖仏の写真を追加でUPします。
今回は、脇役が中心です。
脇役とは言っても、見事な仏像ばかりです。
風化の度合いもいろいろで、面白いです。
下半身だけ妙に風化している石仏は、そこが洪水の通り道になっていたんだそうです。

19080407r

19080405r

19080403r

19080402r

19080406r

19080408r

19080404r

19080401r

| | コメント (0)

身体にガタが

今年に入ってから、たいしたことではないんだろうが病院にはいかないとダメかなあというレベルの体調異変が続いております。

その1「前歯が折れた(上下2本)

さすがに、歯医者へ行ってしっかり治療しました。
これは、完治したということで、ひと安心。

その2「咳喘息の疑い」

2〜3ヶ月の間妙な痰が絡み、喉の痛みもあって通院しました。呼気中一酸化窒素検査の結果、咳喘息ではないけれども数値が高い状態でした。予防の意味も兼ねて、ステロイド系のレルベア という吸入製剤を2週間服用。現在は、症状が治まっております。完治したかどうかは別として、様子見状態です。

その3「コレステロール」

会社の総合健康診断で、LDLコレステロールの数値が高いことが判明。2ヶ月くらい食事に注意するなどして様子見。そして先週再検査。やっぱり数値は高く、投薬治療することになりました。お薬は、クレストール。
1年ほど前に頸動脈エコー検査でプラークが見つかっているので、コレスレロールの問題はきちんと対処しておかないと心配です。長い投薬になるかもしれません。

その4「腰」

ここ1ヶ月ほど、朝起きてからしばらくの間、腰が痛くてたいへんです。腰が曲がっている状態からまっすぐにするときに、動けなくなるんじゃないかというくらいの痛みがあります。病院に行ってレントゲンを撮ったのですが、腰椎の間隔が狭くなっているとのこと。これは以前からわかっていたのですが、治療のしようもなく、痛み止めの薬をもらって様子見状態です。
この腰の問題、けっこう深刻です。いつ動けなくなるかと思うと、ぞっとします・・・・。

 

| | コメント (0)

2019.08.01

2019 大分遠征 09 「宇佐神宮」

熊野磨崖仏を観た後はまっすぐ豊後高田の昭和の町に向かう予定だったのですが、時間に余裕があったので、当初予定になかった宇佐神宮に立ち寄りました。
思いのほか広大な敷地で、さすが全国の八幡宮の総本社って感じでした。

19080101r

19080103r

19080102r

19080104r

19080105r

19080106r

門前町では、小さな箒を買いました。
机のお掃除用です。
180円と、お買い得でした。

19080107r

 

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »