« 2019 F1日本グランプリ観戦記09「ルノー」 | トップページ | 子供の成長 »

2019.11.10

祝賀御礼の儀

天皇制については、いろいろな意見を持っている人がいると思います。

私は、消極的肯定派。
天皇陛下万歳的な考え方は全く持っていないのですが、否定する理由もありません。昔からある伝統だし、国の象徴としてありなんじゃないかなくらいの軽い肯定派です。

で、北海道の実家から出てきて我が家に寝泊まりしている姪は、消極的否定派。
姪が勤めているところの組合が左寄りなので、国家は歌わないとか細々としたことで否定的な行動をとることがあります。

こんなふたり、祝賀御礼の儀には全く無関係なはずでした。

ところが。
私と姪、そして姪の子1歳10ヶ月、連れ立って祝賀御礼の儀を見に行ってきました。意外にも、姪の強い意向でした。一生に一度見られるか見られないかのイベント、しかもたまたま横浜に来ているのだから、是非とも経験しておきたいとのことでした。

予想通りの混雑でした。
予想通り、両陛下のお姿は一瞬見えただけでした。

一番の驚きは、姪の子1歳10ヶ月のがんばりでした。
電車を乗り継いで現地に行き、荷物チェックの列に並び、パレードがやってくるのをひたすら待ち、帰りのラッシュを避けて遠回りして歩く間、おもしろいことは何もないのにぐずることも泣くこともなく、ひたすら耐えてくれました。まあ、ムスッとした顔はしていましたが。

まあ、いろいろな意味で良い経験だったと思います。

|

« 2019 F1日本グランプリ観戦記09「ルノー」 | トップページ | 子供の成長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019 F1日本グランプリ観戦記09「ルノー」 | トップページ | 子供の成長 »