2017.09.23

怪しげなリングライト

怪しげなリングライトを購入しました。

私はそこそこ写真を撮るのが好きです。
本ブログでも、いろいろと写真を載せてきました。

で、意外と困るのが、室内で小物の写真を撮る時です。
室内の照明の関係で、意図しないところに影ができたりするのです。
特に、接写をするときに。

光の角度や撮る位置を工夫したりしていたのですが、やはり接写用のリングライトが欲しいところ。
しかし、純正のリングライトは、6万円を超えます。
芸術的な写真を撮るわけではなく、ちょっとした小物を撮ってブログにアップするだけで、この値段はあまりにも痛い出費です。

で、いろいろと探してみたら、ありました。
私の希望にあったリングライトが。
なんと、5千円弱で。

まあ、聞いたことのない怪しげなメーカーではありますが、純正の1/10以下のお値段です。
思わず買ってしまいました。

さあ、本当に使い物になるのか‥‥。


17092301r_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.10

一眼レフのストラップ

私は、ストラップに多少のこだわりがありまして、スマホもコンパクトデジカメも一眼レフデジカメも、純正ではなく気に入ったメーカーのストラップに付け替えています。

で、一眼レフのストラップ。
普通の人は、一眼レフカメラを首からぶら下げています。
が、一眼レフは重いので、首が疲れます。
なので、私は一眼レフは首からぶら下げず、たすきがけにしています。
たすきがけにするには、ちょっと長めのストラップが必要です。
ということで、今までは、ちょっと長めの本革のストラップを使っていました。


17091001r_2


デザインも良く気に入っていたのですが、厚手の本革は重く剛性がありすぎて、いろいろと不便な場面があります。

ということで、ストラップを買い換えました。
ARTISAN & ARTIST (アルティザン&アーティスト)というメーカーのストラップです。
軽く、柔らかいです。

最大の特徴は、イージースライダーという機構です。
ワンタッチで自由に長さを変えられます。
普段はたすきがけにして、身体にフィットするようにストラップの長さを短めに調整。
カメラを構える時は、ワンタッチでストラップを長くして、カメラを自由に振り回せるようにできます。

たいへん、便利です。
けど、ARTISAN & ARTIST の製品は、総じてお値段が高めです。
便利ではあるのですが、作りにイマイチ高級感がないんですよねえ‥‥。


17091002r


17091003r_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.29

超広角ズームレンズ

超広角ズームレンズを買いました。
キヤノンの EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM です。

今までも、超広角レンズを持っていました。
トキナーの11-17mm です。
が、このレンズは、魚眼レンズ。
私のようなヘタクソには、イマイチ使いこなせませんでした。

今回、候補になったのは、以下の3つのレンズです。

キヤノンの 10-18mm。
安い。
作りも安っぽい。
いい意味でも悪い意味でも軽い。
が、ネットでの評判は、非常に良い。

シグマの 8-16mm。
広角側 8mm という唯一無二の高スペック。
こんなレンズを作れるのは、シグマだけ。
望遠側がちょっと短い。

トキナーの 11-20mm。
F2.8という抜群の明るさ。
質実剛健で頑丈な鏡筒。
が、重い。

正直、スペック的にはシグマとトキナーのレンズに魅力を感じました。
が、ネットの評判を信じて、キヤノンを購入。

先週の和歌山・奈良・滋賀旅行が、このレンズのデビュー戦でした。
超広角ズームレンズが、こんなに写真撮影の幅を広げることができるとは、思いませんでした。
これからは、このレンズがメインレンズとなりそうです。


16112901r


16112902r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.12

Mark 2

キヤノンの EOS 7D Mark 2 を買いました。

きっかけは、EOS 80D が発表されたことです。
EOS 80D は、私が持っていた EOS 7D のひとつ下のクラスのカメラですが、実に魅力的なスペックでした。一時は EOS 80D を買う方向で準備を進めていました。

が、どうしても、ひとつ下のクラスのカメラに買い替えることに抵抗がありました。必要のないプライドにこだわるところが、私の悪い癖です。

ということで、後から後悔しないように、 今まで持っていた EOS 7D の正統的な後継機種である EOS 7D Mark 2 を買うことにしたのです。

ついでに、かっこいい革製のストラップもゲットしました。

今週末、北海道に行ってくるのですが、そのときが EOS 7D Mark 2 のデビュー戦となります。
使ってからの感想は、そのうち紹介しようと思います。


160311eos7d2_01r


160311eos7d2_02r


160311eos7d2_03r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.09

さよならE0S7D

一眼レフデジタルカメラを買いました。
ということで、今まで使ってきたキヤノンのEOS7Dを売却しました。
新しいカメラの紹介をする前に、まずはお世話になったEOS7Dに感謝のの言葉を。

EOS7D、実に良いカメラでした。
カメラとしての完成度が高く、使っていて気持ちの良いカメラでした。
私のヘタクソな写真技術を、確実にカバーしてくれました。

私にとっては、充分に素晴らしい写真が撮れたのですが、私がもっともっと練習して腕を上げていたら、さらに良い写真が撮れたと思います。カメラの良さを全て引き出してあげられなかったという点では、EOS7Dには申し訳ない気持ちがあるくらいです。

売却した価格は、41,000円。
もともと108,000円で買って、6年も使って41,000円で買い取ってもらえたことは、E0S7Dの人気の高さを表しています。
次のカメラを買う資金を、充分に残してくれました。

ありがとう、EOS7D。


160309eos7d_01r


160309eos7d_02r


160309eod7d_03r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.25

値上がり

昨日、カメラの購入を検討していることを書きました。
早速、某カメラ系量販店のネットショップで、候補となっているキヤノンの EOS7D Mark2 の値段を確認してみました。

なんと。
一夜にして、大幅に値上がりしていました。
昨日までは約16万円だったのに、本日のお値段199,269円。いきなり4万円近く値上がりしていました。

他のカメラのお値段を調べてみると。
先日私が購入したキヤノン Powershot G5X も、約77,000円から94,500円になっていました。

カメラのお値段は、普通発表直後が高くて、その後ジリジリ値を下げるのが一般的です。なのに、この値上がり。
いったい何が起こっているのでしょう‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.24

カメラ

一眼レフカメラの購入を検討しています。

今持っているのは、キヤノンの EOS 7D 。
はっきり言って、なんの不満もありません。
私の腕から考えると、オーバースペックなくらいです。
そうは言っても、購入してから5年以上経ちます。そろそろ買い換えてもいいかなとは考えていました。

そんな中、キヤノンから、EOS 80D が発表されました。
80Dは私の持っている 7D より一つ下のクラスなのですが、技術の進歩すごいもので、ほとんどの面で 7D を超えています。80Dで決まりかな、と思っていました。

だがしかし。
なんか下のクラスのカメラに買い換えるのは、抵抗があります。
やっぱ、7D の正統的後継機の 7D Mark2 にすべきか。
80D と 7D Mark2 は、確かに 7D Mark2 のほうが格上でスペックも上回っているのですが、その差は値段の割には大きくありません。

どうしよう。
まずは、80D が店頭に並ぶ3月25日にカメラ店に行って、じっくり手にとって確認してから決めることにします。結果的に、買い換えないという可能性もありますが‥‥。


160223eos80dr


160223eos7dr


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.01.11

Powershot G5X

カメラを買いました。
Powershot G5X です。

まだちょっとしか使っていませんが、それだけで実に良いカメラであることが実感できます。
ポイントは、EVF(電子ファインダー)。

最近のコンパクトデジカメやスマホのカメラは、ファインダーがありません。つまり、カメラの窓を覗き込むような撮影スタイルではなく、手を伸ばして液晶画面を見ながら撮影することになります。このような撮影方法では、どうしても手ぶれが抑えられないし、写真を撮った実感がわきません。

が、Powershot G5X は、カメラの小窓を覗きながら撮影できます。ということは、両手でカメラを持ち、おデコにファインダーを押し付けて、3点支持で撮影できます。手ぶれに圧倒的に強いスタイルです。
結果的に、シャッターを押した瞬間に、「あ、今いい写真が撮れたな。」と実感できます。

私は一眼レフの EOS 7D を持っていますが、これからは Powershot G5X の出番が増えそうです。


160109g5x_01r


160109g5x_02r


160109g5x_03r


160109g5x_04r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.29

さよならG15

コンパクトデジカメ、キヤノンの Powershot G5X をゲットしました。
G5X のことはそのうち書くとして、愛用していたキヤノンの Powershot G15 を買い取りに出したことを書きます。

事前にネットで調べたところ、A店では最高買い取り価格15,000円、B店では最高買い取り価格13,000円でした。A店のほうが高額で引き取ってくれそうだったので、早速A店まで行って買い取り価格査定をしてもらいました。

そしたら。
A店では、「買い取り価格は0円です。」と言われてしまいました。
なんでも、レンズに微小な傷があるとのことです。ほんの微小な傷で、査定価格に納得ができませんでした。

ということで、B店に持ち込んで買い取り価格査定をしてもらったところ、買い取り価格は満額の13,000円でした。
迷わず、B店で買い取ってもらいました。
どういう基準で査定しているのかはわかりませんが、あまりの違いにびっくりしてしまいました。

買い取ってもらったということは、中古として売り出されるということです。
愛着のあるG15、新しいユーザーさんのもとで大活躍してほしいものです。


151229g15_01r


151229g15_02r


151229g15_03r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.09.19

Powershot G7X

EOS 7D MarkⅡ の発表と同時に、コンパクトデジカメの Powershot G7X も発表されました。
私は Powershot G15 を持っているのですが、そのマイナーチェンジ版が Powershot G16 、そして フルモデルチェンジ版が Powershot G7X といえるでしょう。
大きな進化は、1型センサの搭載。
以前は1/1.7型のセンサだったので、画質は確実に良くなっているはずです。

ただ、以前より良くなった部分と仕様を落とした部分があります。

良くなったところ(推測含む)。
・大型センサ搭載(画質向上)。
・ズームの広角側が28mmから24mmに広がった。
・AFフレームが9点から31点になった(ピントが合いやすい)。
・チルト式のモニタ採用(しかもタッチパネル)。
・ボディサイズがかなりコンパクトになった。

一方、仕様を落とした部分はというと。
・ズームの望遠側が140mmから100mmへ。
・オートフォーカス時間がやや遅くなった。
・レリーズタイムラグがやや大きくなった。
・連写枚数がかなり少なくなった。
・最短撮影距離が1cmから5cmになった。

要するに、画質を上げたぶん全体的に速度が遅くなっているようです。
大型センサ搭載の弊害なのかな?

総合的に考えると、大変魅力的なカメラです。
お値段は、7万円ちょい。今持っている Powershot G15 を買い取りに出すと、1万8千円くらい。実質5万円で Powershot G7X を手に入れることができます。
う〜ん、どうしよう。
結局、買うことになるんだろうな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧