2015.02.26

タイヤ交換

愛用している原チャリ、KYMCO super 9 号。
タイヤ交換をしました。


15022600r


今まで履いていたタイヤは、ミシュランの Pilot Sport SC。
このタイヤ、すばらしいタイヤでした。
乗り心地は良いし。
ほどよくグリップするし。
非常に軽快でコントロール性は良いし。
見た目もカッコ良いし。

溝はまだ残っているし、一見まだまだ使える状態でした。
が、購入してから6年経過し、走行距離も6000kmを超えました。タイヤ表面にひび割れが見えてきました。


15022602r


そして、以前タイヤに異物が刺さり、修理の後が痛々しい状態でした。心なしか、空気も漏れ気味でした。


15022601r


そこで、思い切ってタイヤを交換しました。

今回チョイスしたタイヤは、ピレリの DIABLO SCOOTER 。
このタイヤ、たぶん、250ccクラスのスクーター向けに開発されたタイヤです。スクーターのタイヤとしては、最高級品です。原チャリが履くタイヤとしては、明らかにオーバースペックと思われます。
けど、あこがれのタイヤで、一度履いてみたかったんですよねえ・・・・。

まだほんの少ししか走行しておらず、皮むきも住んでいない状態です。
もうちょっと乗り込んでから、タイヤのインプレッションを書きます。


15022603r


15022604r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.18

バルブ交換

愛用している原チャリ KYMCO super 9 号のバルブを交換しました。
ヘッドライトと、サイドのポジションランプ。

以前は、ヘッドライトは、オレンジがかった色のもので、ポジションランプは、電球色のものでした。
全体的に、ちょっと暗めでした。


15011701r


それを、ヘッドライトを白色のハロゲンタイプに、ポジションランプは純白色のLEDにしました。
明るく、引き締まった感じになりました。


15011702r


けど、あとからよくよく見てみると、ヘッドライトとポジションランプの色があっていません。ヘッドライトをもっと青っぽい色にすればよかったかな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.25

KYMCO スーパー9 フロントフォーク交換

愛車(原チャリ) KYMCO スーパー9 号、中古で買った割には程度がよく、満足して使っています。
が、フロントフォークだけはサビサビで、オイルも抜けているようです。

走っているときにフロントブレーキをかけると、バイクが前に沈みます。それは普通の動きなのですが、我がスーパー9号は、オイルが抜けているせいか、その沈み込みがかなり大きいのです。ふんばる感じがまるでありません。


13112500


ということで、フロントフォークを交換することを決意。
最寄のバイクショップに行き、見積もりをしてもらいました。
そしたら、部品代が18000円くらいと言われました。工賃が約10000円。
合計28000円か。高いなあ。
と思っていたら、聞き違いでした。
フロントフォークは、1本18000円。2本セットで36000円。工賃が10000円で、合計46000円でした。

高すぎる!
あわてて家に帰って、ネットオークションで検索。ラッキーなことに、程度の良いフロントフォーク(2本セット)が出品されていて、実質3000円弱、送料含めて4000円強でゲットできました。

それをバイクショップに持ち込み、工賃10000円弱で作業してもらったので、かかったお金は14000円くらい。新品で46000円かかることを考えると、非常にリーズナブルでした。

走ったみたのですが、フロントが粘ってとても安定した感じになりました。

いい買い物をしたな‥‥。


13112501r


13112502r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.08

プラグ交換の結果

我が原チャリ KYMKO super 9 号、プラグを交換しました。

先日報告した通り
、本来2000rpmくらいのはずのアイドリング回転数が3000〜4000rpmまで上がり、プラグがかなり焼けすぎていたからです。


13060801


プラグを交換したら、アイドリング回転数も元に戻り、プラグも常識的な焼け具合になりました。


13060802r


これでひと安心なのですが、なぜ前のプラグがおかしくなったのかわかりません。なんか異常があったはず。単にプラグを変えただけで、根本的な解決になっているとは思えないのです。

異常のあったプラグは、イリジウムプラグ。正常な状態のプラグは、一般的なプラグ。それくらいの違いしかありません。
2サイクルエンジンにイリジウムプラグは合わないのでしょうか?
う〜ん、謎だ‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.27

絶好調なのですが‥‥

我が原チャリ KYMCO super 9 号、ウエイトローラを交換したり駆動ベルトを交換したりエアフィルタを交換したりギアオイルを交換したり、いろいろとリフレッシュしたおかげで、絶好調です。

が、ちょっと不安な点が2点あります。

ひとつめ。
なぜか、アイドリング回転数が上がり気味です。
もともとの仕様は、2000rpmのはず。今までも、だいたいそれくらいでした。が、最近、3000〜4000rpmと上がり気味なのです。なぜだろ。オートチョークが壊れたかな?

ふたつめ。
プラグがどうも異常に焼けすぎているようです。これも原因不明。焼け過ぎの場合はプラグの番数を上げるのが基本です。が、私の使っているプラグはメーカー推奨のプラグだし、推奨のプラグで焼けすぎちゃうのは、なんか問題があるはず。

やっぱり、バイク屋さんに行ってみるか‥‥。


130427r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.07

ギアオイル交換

本日、我が原チャリ KYMCO super 9 号のギアオイル(ミッションオイル)を交換しました。
簡単な作業だったので、お店に頼まないで自分で作業をしました。

走行距離で5,000km以上ギアオイルを交換していなかったのですが、古いオイルは比較的きれいな状態でした。別に、交換しなくても良かったかな? 自己満足的なメンテではありました。

5,000kmのメンテとしては、ウエイトローラを交換したし、駆動ベルトを交換したし、前後ブレーキパッドを交換したし、ブレーキフルードを交換したし、クーラントを継ぎ足したし、エアフィルタを交換したし、ギアオイルを交換したし、あとはプラグを交換すればカンペキです。

今週末、プラグを交換して、走り込んでみます。
ちょっとはメンテの効果が現れるかな‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.31

愛車 KYMCO super 9 号、修理するほどではないけれど

先日、愛車 KYMCO super 9 号の修理をしたことを書きました。


1303319_04r


そのときに、ちょっと痛いところを指摘されました。
それは、フロントフォークのオイル漏れです。


1303019_01r


オイル漏れだけなら、たぶんオイルを交換すればなんとかなるとお思われます。が、痛いことに、フォースそのものがサビサビになっていることを指摘されました。


1303319_02r_2


1303319_03r_2


オイル漏れだけでなくサビが進んでいるので、部品交換しなければならないようです。ざっくりした見積もりでは、3万円くらい。原チャリにしては、大きな出費です。

が、お店に人によると、「今まで乗っていて症状が気にならないようだったら、このまま乗っても大きな問題はないですよ」とのこと。もう少し様子を見ることにしました。

明らかに乗り心地が悪くなってきたら、修理に出そうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.30

愛車 KYMCO super 9 号、修理

先日、愛用している原チャリ KYMCO super 9 号が故障したことを書きました。


130330_01r


スピードメーターとトリップメータが動かなくなったのですが、その原因は、ワイヤー切れでした。
本日、部品が入ったということで、修理に行ってまいりました。

ちなみに、最初にバイク屋さんで故障を見てもらったのが、3月23日(土)。その日に部品を発注して、部品が入ったという連絡がきたのが、3月26日(火)。部品が届くまで、たった3日しかかかっていません。台湾製のバイクなので、部品の納入に時間がかかるんじゃないかなと思っていたのですが、良い方向に期待を裏切られました。

本日3月30日(土)、再度バイク屋さんに行って、修理は無事終了。
ついでに、クーラントを継ぎ足してもらいました。
さらに、ブレーキオイルが汚れていたので、ブレーキオイルも交換してもらいました。

で、エアフィルターも注文していたのですが、エアフィルターは交換が簡単なので、交換作業は自分で行ないました。
走行距離が5,600kmくらいとあまり乗っていないので、エアフィルターもそこそこきれいな状態でした。


1303309_02r


エアフィルターのパッケージには、部品番号とか書いているのですが、台湾製だけに、日本語ではありませんでした。台湾では、エアフィルターってこう書くのか‥‥。


1303309_03r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.20

愛車 KYMCO super 9 号、初故障

私は、2台のエンジン付の車を持っています。

1台は、Renault 21 turbo。
フランス製、2000ccの車です。
このブログで何度も紹介しましたが、いろいろとトラブルの多い車です。まあ、それでも乗り換える気は全くしないのですが。

もう1台が、KYMCO super 9 という原チャリです。
2005年製造に製造されたモノを中古で買いました。中古といっても、500km程度しか走っていない、事実上の新車です。
台湾製なのですが、今の時代、パソコンとバイクにおいては、台湾はトップクラスの実力を持っていると言ってもいいでしょう。


130320r


そんな台湾製の KYMCO super 9 号ですが、今まではノートラブルでした。が、昨日ついにトラブルが発生しました。

メーターの一部が、動かなくなったのです。
タコメーターやフューエルゲージは問題なく動作するのですが、スピードメーターとトリップメーターが、走行しても全く動かないのです。

まあ、メーターが動かなくてもバイクは動くので、大きな不都合はありません。が、やはり壊れた部分があるまま原チャリに乗っているのは、気持ちが悪いです。
週末には、バイク屋さんでみてもらおうと思っています。

愛車 Renault21号には、車1台分以上の修理代をかけています。
さすがに原チャリは、修理代は安いとは思うのですが、どうなんだろ。
こわいな‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.19

KYMCO super 9 駆動ベルト編

先日、我が原チャリ KYMCO super 9 号のブレーキパッドウエイトローラを交換したことを書きました。


13031901r


で、今回の報告は、駆動ベルトです。

5,500kmほど走行した後の駆動ベルト交換でした。が、はっきりいって、駆動ベルトは5,500kmくらいで交換する部品ではないです。というか、普通の乗り方をすれば、バイクの寿命いっぱい交換する必要はないはずです。
が、やはりウエイトローラとセットで駆動系をリフレッシュしておきたかったのです。
当然ながら、駆動ベルトは全く傷んでいませんでした。

ちなみに、愛車 KYMCO super 9 号は、台湾製です。が、駆動ベルトのメーカーは、日本の一流ベルトメーカーであるバンドー製でした。
愛車 KYMCO super 9 号、台湾製ではありますが、いろいろなパーツが世界一流品で構成されています。


13031902r


これで、駆動系やブレーキパッドといった基本的なメンテナンスは終了です。
あと、近々にやりたいのが、エアフィルターの交換とギアオイルの交換です。いずれも自分でできそうなので、挑戦してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧