2018.05.08

2018 GW プチ帰省 04 「五稜郭」

函館帰省の最終日、5月1日。
この日は、姪たちと一緒に桜の名所の五稜郭までお散歩に行きました。
函館は、ゴールデンウィークの時期、ちょうど桜が満開なのです。
五稜郭の桜は全国的にはあまり有名ではありませんが、五稜郭というかっこいい地形に咲く満開の桜は、オススメです。それほど混んでないし。

さて、5月1日は、平日です。
仕事を持っている家族は、お仕事に行ってます。
育休中の姪、姪の娘(4ヶ月)、姪の祖母(私の母)、会社サボって帰省中の私と、戦力外メンバーでのお散歩でした。

このお散歩中の私の役割は、ベビーカーを押す係でした。
事故らないように気をつけなきゃいけないのに、ついつい姪の子の顔を見つめてしまい、脇見運転をしてしまいます。
当然ながら、ゆっくり桜を鑑賞する余裕はありませんでした・・・・。

そんなこんなで、3泊4日のプチ帰省が終わってしまいました。
次は、いつ姪と姪の子に会いに行こうかな・・・・。


18050801r_2


18050802r_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 GW プチ帰省 03 「かわいい!」

例年私は、年に2回、正月と夏休みに函館の実家に帰省します。
が、今年は、4月時点ですでに4回帰省しています。

理由は、ふたつ。
ひとつは、実家にいろいろな用事があったこと。
もうひとつは、姪の子供に会うためです。

ただいま、4ヶ月。
これがまた、かわいいんです。
とんでもなく、かわいいんです。

私の顔を見ると、楽しそうに笑ってくれます。
が、私が抱っこすると、だんだん不機嫌になり、泣き出します。
何度繰り返しても、同じ。

姪、曰く。
「おじちゃんは、観賞用。」
なるほど・・・・。

私がかわいがるのを見ていた姪(お母さん)と妹(おばあちゃん)が、私に質問してきました。
「なぜそんなにかわいいと思えるのか?」

即答。
「姪の子だから! そして、妹の孫だから!」
他人の赤ちゃんやパンダの可愛さとは、次元が違います。

そのまま横浜に連れて帰ろうかと本気で思えるほど、可愛いかったです・・・・。


18050801r


18050802r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.04

2018 GW プチ帰省 02 「vs仙台」

4月28日の北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台。

9時15分の上野発の新幹線で仙台に向かいました。
試合は、14時キックオフ。
時間的には、余裕でした。

問題は、試合終了後。
16時54分仙台発の新幹線に乗らなければなりません。
そのためには、16時24分泉中央駅発の地下鉄に乗らなければなりません。
試合終了予想時間は、16時。
全く時間に余裕がありませんでした。

試合は、2対1でリードしていたものの、終了間際に追いつかれてしまいました。
途中で退場者を出し、10人で戦ったことを考えると、大健闘でした。

満足半分残念半分の気持ちのまま、試合終了と同時に泉中央駅にダッシュ。
運動不足と年齢を痛感しながら、なんとか予定通りの行動をとることができました。
今後は、余裕を持って計画を立てないとダメだなー。


18050501r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 GW プチ帰省 01 「まずは仙台」

ゴールデンウィークの前半、北海道の函館に帰省してきました。

行きは、新幹線を利用。
で、仙台で途中下車。
なぜかというと、仙台で行われる北海道コンサドーレ札幌vsベガルタ仙台の試合を観戦するためです。

仙台駅に着いた時、試合開始時間まで余裕があったので、仙台名物牛タン料理をいただくことにしました。

私は函館出身ですが、大学時代の4年間は仙台で暮らしていました。
が、当時はまだ牛タン料理は有名ではありませんでした。
しかも私はビンボー学生だったので、牛タン料理には手が出ませんでした。

ということで、仙台駅内にある比較的有名な牛タン料理店に入りました。
やはり、美味しかったです。

だがしかし。
私はビンボーが染み付いているので、ちょっとクチに合わない感じでした。
安い焼肉屋で薄っぺらいタン塩を食べたほうが、美味しく感じるなあ・・・・。


18050401r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.09

2017 高野山と伊勢神宮の旅 28 「招き猫」

今回の旅の締めは、おかげ横丁の吉兆招福亭です。
いつも必ず訪れる、招き猫専門店です。


18041001r


いつもの買い物のパターンは、数千円の招き猫1匹と、小物を少々。
今回の小物は、クリアファイルとうちわでした。


18041002r


18041003r


ここからが問題。

2匹の魅力的な猫と、目があってしまったのです。
2匹とも、有名な招き猫ブランド、蝉丸のものでした。
1匹、32,800円。
いつもの私なら、決して手を出さないお値段です。

だがしかし。
目が離せないのです。
猫が訴えかけてくるのです。
「私を連れてってちょうだい!」と。

しょうがない。
買うしかない。
そう決心したのですが、どちらの猫を連れて帰ったらよいのか。
2匹の猫の前で、どれだけ悩んだことでしょう。

結局、決められませんでした。
2匹とも、連れて帰ることにしました。

32,800円の猫を2匹。
合わせて、65,600円。
どんどん招き猫にハマはまっていきます・・・・。


18041004r


18041005r


18041006r


18041007r


18041008r


18041009r


18041010r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.08

2017 高野山と伊勢神宮の旅 27 「おはらい町とおかげ横丁での食事」

おはらい町とおかげ横丁での飲食のお話。

おはらい町とおかげ横丁で食べたくなるもの。
真っ先に思い浮かぶのは、たぶん伊勢うどんと赤福でしょう。

だがしかし。
このふたつは、私にとってはNGなのです。

伊勢うどんは、全く私の口に合いません。
うどんなら、讃岐うどんの圧勝です。

赤福は食べたいのですが、ただいまダイエット中。
赤福の強烈な糖質は、禁じ手です。

今回食べたのは、炙ったお魚。
おはらい町には「ひもの塾」という干物屋さんがあって、店頭で試食させてくれるのです。
たいへんにおいしいのですが、残念ながら買って帰ることができません。
ナマモノなので、横浜まで持ち帰ることができないのです。
なので、いつもタダで試食させてもらっています。
お金を払わずに、すいません。
お詫びに、宣伝しときます。
「ひもの塾」さんのお魚は、ヒジョーにおいしいですよ!


18040807r


カップジュビーというカフェがあります。
カフェですが、ここのカレーはたいへんおいしいです。
お店の雰囲気も、良いです。
今回は、ここでチャイとケーキをいただきました。


18040808r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.07

2017 高野山と伊勢神宮の旅 26 「おはらい町とおかげ横丁でのショッピング」

伊勢神宮の内宮に来たからには、当然ながら、おはらい町とおかげ横丁を散策してお気に入りのグッズを買いまくることになります。

おはらい町とおかげ横丁が他の観光地より優れているところは、そこにしかない独自のグッズの専門店が多いことです。
木彫り専門店、招き猫専門店、昭和グッズ専門店、染物や布の専門店、犬グッズ専門店、焼き物専門店、お香専門店、お茶専門店などなど。
食べるものでは、干物専門店なんかもあります。赤福本店も。
規格品ばかりでどの店に入っても同じものしか売っていない多くの観光地とは全く違い、ウインドウショッピングや実際の買い物がとても楽しいです。

18040601r


18040602r


この日購入したのは、まずは実家の家族へのお土産。
この日は12月20日だったのですが、年末の帰省の恒例として、家族になんらかのお土産を買って行くことが恒例になっているのです。
母には、足袋型のスリッパとブラウス。
妹と甥と姪には、模様違いのはんてん。綿入れともいうのかな?

あとは、自分のお土産です。

まずは、張り子の梟。
私は猫グッズを買うことが多いのですが、梟にも思い入れがあります。
今は亡きどすこい君は、北海道か横浜の私の家に、年に1回は遊びに来てくれていました。
そのときのお土産は、必ず梟グッズなのです。
今でも梟グッズを見かけると、必ずどすこい君のことを思い出してしまいます・・・・。


18040603r


和物グッズ専門店では、猫のメガネ入れと犬の缶バッジをゲット。
このお店では、以前にも同じデザインのメガネ入れを購入していたのですが、色違いを追加しました。


18040604r


四神(青龍・白虎・朱雀・玄武)のミニお面も買ってしまいました。
四神は、東西南北を守ってくれる神様です。
私の家の東西南北を守ってもらう予定です。


18040605r


木彫り専門店では、ミニ仏像をゲットしました。
7cmくらいの小さな木彫り仏像です。
現在、Macの横で私を見守ってもらっています。


18040606r


犬の手ぬぐい。
戌年なので。


18040910r

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.04

2017 高野山と伊勢神宮の旅 25 「伊勢神宮・内宮」

私は、よく寺社仏閣を訪問します。
信仰のためではなく、古いもの伝統のあるものを鑑賞するためです。
もちろん、敬意を評して心を込めて拝むことも忘れませんが。

一方、伊勢神宮には、観光抜きに純粋に拝みに行きます。
やはり伊勢神宮は別格。
年に一度は拝みたくなります。

まあ、伊勢神宮に行く裏の目的は、門前町であるおはらい町やおかげ横丁の散策と買い物だったりしますが・・・・。


18040401r


18040402r


18040403r


18040404r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.04.01

2017 高野山と伊勢神宮の旅 24 「松阪」

この旅行二日目の宿は、松坂にあるいつもの宿。

ここに泊まるのは、何回目になるでしょうか。
鈴鹿で行われるF1日本グランプリを観戦するときは、20年以上必ずこの宿に泊まっているし。
京都や奈良や大阪に車で行くときは、必ずといっていいほど強引に松阪をルートに入れるし。
もう30回以上は泊まっているはずだなあ・・・・。

今回も、宿の皆さんのあたたかいもてなし、超一流の料理、何から何まで満足の一泊でした。


18040101r_2


18040102r_2


18040103r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.03.29

2017 高野山と伊勢神宮の旅 23 「談山神社」

2018年12月18日。
高野山から松坂に向かう途中、談山神社に立ち寄りました。
談山神社には、初めての訪問となります。

談山神社には、入り口がふたつあるようですが、正面側の入り口は閉鎖されていました。
その理由は、シーズンオフだから。
神社にオンもオフもないとは思うのですが、なんといっても談山神社は桜と紅葉の名所。
桜と紅葉の時期は、激混みらしいです。

オフシーズンということで、境内は閑散としていました。
桜も紅葉も見られませんでしたが、神社は閑散としていたほうが雰囲気があって良いです。

建物の多くは、重要文化財ということでした。
が、かなり傷んでいました。
もうちょっと、ちゃんと修復したほうがいいと思うんですけどねえ・・・・。


18032901r


18032902r


18032903r


18032904r


18032905r


18032906r


18032907r


18032908r


18032909r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧