2017.10.17

2017 F1日本グランプリ観戦記05 「ヘアピン」

今年は、日本でF1が始まってから、最低の入場者数でした。

3日間の通算で、最高の入りだったのは、2006年で36万1千人。
それに対し、今年は13万7千人。
初日だけだと、2万6千人しか入っていません。
あれだけ広い敷地の中にたった2万6千人しかいないわけですから、もうガラガラです。

そんな中、ヘアピンコーナーだけは、いつも満員です。
近くて、迫力があって、良い写真が撮れるからです。


171017_f1_01r


171017_f1_02r


171017_f1_03r


171017_f1_04r


171017_f1_05r


171017_f1_06r


171017_f1_07r


171017_f1_08r


171017_f1_09r


171017_f1_10r


171017_f1_11r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.16

2017 F1日本グランプリ観戦記04 「ヘタクソ」

1990年から、ずーっとF1日本グランプリに通っています。
いろいろなところで観戦しましたが、最近は、ヘアピンコーナーで写真を撮り、シケイン席で予選と決勝を観戦することが多いです。

なぜ遠くのヘアピンコーナーまでわざわざ写真を撮りに行くかというと、速度が遅い、コースに近い、理想的な構図で撮れるという三拍子そろったところだからです。
特に、アップの写真を撮るには最高の場所です。

しかも私の持っているカメラは、キヤノンの EOS 7D mark II 。
こんなに条件が揃えば、すばらしい写真が山のように撮れるはずです。

だがしかーし!
こんなに条件が揃っているのに、さっぱり上手な写真が撮れません。

特に、今年はひどい出来でした。
ピントがズレていたり、手ブレしていたり、構図がイマイチだったり。
ブログにアップしている写真は、なんとか見られる写真を厳選していますが・・・・。

まあ、何の練習もせずに1年に1回だけF1写真を撮るので、上達するわけないのは当たり前。
もっと練習しないと・・・・。


171016_f1_01r


171016_f1_02r


171016_f1_03r


171016_f1_04r


171016_f1_05r


171016_f1_06r


171016_f1_07r


171016_f1_08r


171016_f1_09r


171016_f1_10r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.13

2017 F1日本グランプリ観戦記03 「クラッシュ」

今年のF1日本グランプリ、フリー走行も予選も決勝も、やたらクラッシュが多かったように思います。
雨が降って路面状態が安定しなかったり、レギュレーションの変更でスピードが速くなったり、マシンが壊れたり、いろいろな理由があったんだと思います。

クラッシュのたびに思うのは、最近のマシンは安全性が向上したなぁということです。
びっくりするような派手なクラッシュでも、ドライバーは怪我ひとつせず平然としていることも増えてきました。

悲惨な事故もありましたが、確実に対策が打たれているようです。


171013_f1_01r


171013_f1_02r


171013_f1_03r


171013_f1_04r


171013_f1_05r


171013_f1_06r


171013_f1_07r


171013_f1_08r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.12

2017 F1日本グランプリ観戦記02 「テスト」

6時11分新横浜発の新幹線に乗って、名古屋へ。
名古屋で近鉄に乗り換えて、白子へ。
白子からレンタカーを借りて、鈴鹿サーキット近くの私営駐車場へ。
そこから歩いて、鈴鹿サーキットへ乗り込み、ヘアピン席へ。
席に着席したのは10時前。
10時からのフリー走行に余裕で間に合いました。

で、フリー走行はひたすら写真を撮りまくっていたのですが、家に帰ってから写真を見て、びっくりしました。
トロロッソのF1マシンは、テストのために、いろいろなパーツがくっついていたのです。
写真を撮るのに必死で、現場では気づきませんでした。
観光地でもそうなのですが、あまり写真に夢中になると、見るべきものが見えなくなるというよい例ですね。
反省。

で、テストのためにつけていたパーツ、その1。
ピトー管と思われるものが、複数取り付けられていました。
下記の写真でいうと、マシンの右上にくっついている金網のようなものがそうです。
空気の流れを確認しているんですね。


171012_f1_01r


で、テストのためにつけていたパーツ、その2。
ハロ。
下記の写真でいうと、前を走っているマシンのドライバーの頭を守っている黒いバーです。
来年から導入される、ドライバー保護のためのパーツです。
前が見にくそうだけど、大丈夫かなー。


171012_f1_02r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.10.10

2017 F1日本グランプリ観戦記01 「はじめに」

今年も、F1日本グランプリを観戦してまいりました。
1990年に初めてF1観戦してから、28回目のF1生観戦となります。

早速写真を紹介したいところなのですが、ただいま整理中です。
なぜなら、2000枚近く写真を撮ったからです。

昔々銀塩写真だった頃は、36枚フィルム10本ちょっと、つまり500枚くらい写真を撮っていました。
が、デジタルカメラになってから、フィルムを気にせずにいくらでも撮れます。
また連写性能も凄まじくなり、いくらでも連射できます。

今回は2000枚弱でしたが、雨のためほとんど写真を撮れなかった時間もあります。
完全に晴れたら、3000枚くらいは写真を撮ったと思います。

まずは、その写真の中から、明らかに失敗した写真を削除。
その後、ちょっと丁寧に見て、ピントが大幅に合っていない写真を削除。
そしてその中から、ブログにアップ出来るようなマトモな写真を選ぶことになります。
ホント、後から整理するのがたいへんです。

まあ、銀塩写真の時は、500枚撮って全部プリントすると軽く1万円を超えていました。
しかも、その写真のほとんどが失敗作。
こういうことだけ考えても、カメラのデジタル化はたいへんすばらしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.30

おめでとー!

佐藤琢磨くん、INDY500優勝おめでとー!

それにしても、INDY500に優勝するとはすごいことです。
日本には自動車レースの文化が根付いていないので、すごいのかどうかわからない人も多いと思います。
が、INDY500とF1モナコグランプリとルマンは、自動車レースの最高峰。
テニスでいうと、ウインブルドン、全仏、全米、全豪と同じ意味を持ちます。

ほんとは、琢磨くんにはF1でもっと活躍して欲しかったという思いはあります。
が、F1での無念を見事にINDYで晴らしてくれました。

本当におめでとー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.01.19

F1日本グランプリのチケット

早くも、F1日本グランプリのチケット発売日が発表されました。
3月12日から、順次発売されるようです。

今までは、A席とかB席とか、席種単位での購入でした。
が、今年からは個別の座席も指定できるようです。
こういった配慮は、ありがたいことではあります。

F1が人気絶頂だった頃は、チケットをゲットするだけでもたいへんでした。
今は、席を選んで購入できるということになります。
ということは、席に余裕があるということ、即ちF1人気が下降しているということです。

まあ、空いているということは、観戦する立場としては見やすくていいのですが、ちょっと複雑な気持ちです‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.05

2016 F1日本グランプリ観戦記10 「F1を上回る楽しみ」

前回書いたように、最近のF1日本グランプリはイマイチ盛り上がりに欠けます
で、F1を上回る楽しみは、いつもお世話になっている宿に宿泊することです。

料理も最高。
サービスも最高。
女将さんや若旦那夫婦や仲居さんとも、たいへん親しくさせていただいています。商売以上のおもてなしをしていただいています。

2泊3日だったのですが、2日とも仕事を終えた若旦那夫婦が部屋に来て、いろいろなお話をして大いに盛り上がりました。

11月末には、またこの宿に遊びに行こうと思っています。


16110501r_3


16110502r_4


16110503r_3


16110504r


16110505r


16110506r


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 F1日本グランプリ観戦記09 「総括」

2016年F1日本グランプリの結果は、みなさんご存知の通り。
ここで特に書くことはありません。

ホントは予選やレースの盛り上がりを書きたいところなのですが、私の中ではイマイチ盛り上がりがありません。

今応援しているのは、マクラーレンホンダとフェルナンド・アロンソ。
私は、アロンソがF1では最も速いドライバーだと思っているのですが、マクラーレンホンダのマシンが遅すぎます。

サッカーとかだと、下位チームが上位チームを破るジャイアントキリングがありえます。が、今のF1では、下位が上位を破る可能性は全くありません。
マクラーレンホンダが優勝するためには、上位チームがすべてリタイヤするしかないのです。

なので、いくらマクラーレンホンダとフェルナンド・アロンソを応援しても、ある意味ムダです。見返りは、全くありません。

来年に期待するしか、ありません‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 F1日本グランプリ観戦記08 「グッズ」

F1日本グランプリの楽しみのひとつは、F1グッスのお買い物。
が、最近は、楽しみが半減しています。

基本的には、メーカー系の公認グッズしか売っていません。
どこのショップへ行っても、似たようなものばかり。

以前は、
ポスター専門店があったり、
ピンバッッジの専門店があったり、
過去の売れ残りのアパレルを格安で売っていたり、
海外から来た怪しげな人が怪しげなF1グッズを売っていたり、
ショッピングの楽しみがたくさんありました。

版権や肖像権的なものがあるのでしょうが、もう少し規制を緩めてほしいものです。

今回私がゲットしたのは、まずはプログラム。
毎年必ず買ってます。


16110501r


アイルトン・セナの乗ったF1マシンの本。
ちなみに、おまけにクリアファイルをもらいました。


16110502r


アイルトン・セナと中嶋悟さんの卓上カレンダー。
ここでも、おまけにクリアファイルをいただきました。
売り場には写真家の金子博さんが来ており、その場でカレンダーとクリアファイルにサインをしていただきました。


16110503r


アイルトン・セナのイラストのポストカード。


15110505r


そのほかに、アイルトン・セナのイラストカレンダーと、ホンダのF1マシンのクリアファイルもゲットしました。


16110404r


今年は、アパレルやミニカーやレプリカヘルメットのような高価なものは、買いませんでした。
予算の問題というよりも、欲しいものがなかったということです。
残念‥‥。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧